ユミの細胞たち

海外ドラマ

ユミの細胞たち

シリーズ紹介

韓国の人気ウェブ漫画を実写ドラマ化。ヒロインの感情を3Dアニメーションの“細胞”で表現している。「トッケビ 君がくれた愛しい日々」のキム・ゴウンと、「梨泰院クラス」で悪役を演じたアン・ボヒョンが共演し、男性アイドルグループ「SHINee」のミンホ、「GOT7」のジニョンが出演した。

ジャンル:ファンタジー韓流ラブコメコミック

原題:유미의 세포들
製作国:韓国

シリーズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

海外ドラマレビュー

4.0大人のラブコメ

2022年3月10日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ディズニーの「インサイドヘッド」を彷彿とさせる作品。
アニメーションでユミの感情をとっても可愛くコミカルに演出してました。
理性細胞と感性細胞が言い合ってる時は「そうそう。こんな時、こんな感じ。」と共感できるし、空腹細胞と下心細胞の動きや表情が、人間みたいでとっても面白く、終始クスクスしてました。

「梨泰院クラス」で怖い印象だったアン・ボヒョンですが、今回はちょっと不器用だけど率直なキャラクターを演じており、見事にキャラ変。

楽しくて、可愛くて、ちょっぴり切ない大人のラブコメです♡

コメントする (0件)
共感した! 0件)
miju
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る