クイーンズ・ギャンビット

海外ドラマ

クイーンズ・ギャンビット

シリーズ紹介

 冷戦時代を舞台に、母親を事故で失った少女が児童養護施設でチェスの魅力に目覚め、薬物やアルコール依存症と闘いながら成功を目指すさまを描いたNetflixオリジナルドラマ。「ハスラー」「地球に落ちてきた男」などで知られる米小説家ウォルター・テビスの同名小説をもとに、「アウト・オブ・サイト」「LOGAN ローガン」の脚本家スコット・フランクが全話の脚本と演出を手掛けた。主演のアニヤ・テイラー=ジョイは本作でブレイクを果たし、ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞した。

ジャンル:ドラマ

原題:The Queen's Gambit
製作国:アメリカ

シリーズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

海外ドラマレビュー

4.5アニャ・テイラー=ジョイが天才チェスプレイヤーを好演

2022年11月15日
PCから投稿

リミテッドシリーズなので全7話で完結。1話約1時間。

チェスの天才エリザベス・ハーモン(アニャ・テイラー=ジョイ)の栄光と挫折と再起を描いており、彼女にチェスを教えてくれたシャイベルさんや同じ孤児のジョリーン、チェス仲間たちも良い人なので爽やかな観賞感がある。最後も良い。

物語も面白く俳優も良いだけではなく、カメラワークや演出も凝ってて、映像的にも随所に見所がある。
特にチェスはテーブルの盤を挟んでプレイするので大きな動きがないが、ここも演出の上手さや展開の上手さで全く飽きさせないのがすごい。

登場するチェスプレイヤーは全員がキャラが立っていて、確実にそれが飽きさせない要因にもなっていると思う。
トーマス・サングスターが演じる天才チェスマスターが外見も生活スタイルもカッコ良くて最高。「チェス教えてあげるよ」って誘われたら普通ナンパだと思うよなと。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
エス
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る