王女の男

海外ドラマ

王女の男

シリーズ紹介

朝鮮王朝時代の事件「癸酉靖難(ケユジョンナン)」をモチーフに、運命に翻弄される男女を描いた時代劇ラブロマンス。パク・シフとムン・チェウォンが主演を務め、キム・ヨンチョル、ホン・スヒョンらが脇を固めた。

1452年、朝鮮王朝第5代国王・文宗(ムンジョン)の治世。朝廷の重臣キム・ジョンソの息子スンユは、ある理由から王女に成りすましていたイ・セリョンと恋に落ちる。静かに愛を育んでいたふたりだったが、そんな時、王座を狙う文宗の弟・首陽大君(スヤンテグン)が謀反を起こし、スンユは家族を惨殺されてしまう。スンユは首陽大君の首を討とうと屋敷に乗り込むが、首陽大君の家族の中にセリョンの姿を発見。セリョンが王女ではなく首陽大君の娘だと知ったスンユは、一変、宿敵となった彼女に復しゅうを誓うのだった。

ジャンル:恋愛韓流時代劇リベンジ

原題:공주의 남자
製作国:韓国

シリーズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

海外ドラマレビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る