海外ドラマ

THE KILLING シーズン4

シーズン紹介

デンマーク史上最高視聴率を記録し、ヨーロッパ諸国でも大ヒットした「THE KILLING」を、舞台をシアトルに移しハリウッドでリメイクしたサスペンスドラマのファイナルシーズン。今作でミレイユ・イーノスとジョエル・キナマンはブレイクを果たし、イーノスは「ワールド・ウォーZ」に出演し、キナマンはリメイク版「ロボコップ」の主演に抜擢された。

制作年:2014
チャンネル:amc

エピソード

  • 第1話

    水の中に沈む血/Blood in the Water

  • 第2話

    秘密/Unraveling

  • 第3話

    不愉快な事実/The Good Soldier

  • 第4話

    悪夢/Dream Baby Dream

  • 第5話

    記憶の断片/Truth Asunder

  • 第6話

    エデンの園/Eden

出演者

  • サラ・リンデン ミレイユ・イーノス (Mireille Enos)

    殺人課の女刑事。独特な感性を持ち、経験と第6感で事件を紐解いていく天才肌。自身が追っていた事件の犯人で元同僚の“スキナー”を衝動的に射殺してしまう。

  • スティーブン・ホールダー ジョエル・キナマン (Joel Kinnaman)

    殺人課の刑事でリンデンのパートナー。リンデンに影響され刑事として成長していくが、リンデンが起こした不測の射殺事件の十字架を背負うことになる。

  • カーネル・マーガレット・レイン ジョアン・アレン (Joan Allen)

    男子のみを受け入れる陸軍士官学校の長官。ある事件をきっかけに、シアトル市警のリンデンとホールダーと反目する。

  • カール・レディック グレッグ・ヘンリー (Gregg Henry)

    リンデンがシアトル市警を離れた際、ホールダーのパートナーになった刑事。

  • カイル・スタンズバリー タイラー・ロス (Tyler Ross)

    リンデンとホールダーが担当する一家殺害事件の唯一の生存者。裕福な名家のやっかい者として扱われ、シアトルの弱肉強食世界で常にいじめを受けてきた少年。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
ビーナ・サッド Veena Sud
脚本
ビーナ・サッド Veena Sud
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「THE KILLING」の作品トップへ