海外ドラマ

ウォーキング・デッド シーズン6

ウォーキング・デッド(ウォーキングデッド) シーズン6

シーズン紹介

ベストセラーとなっている同名アメコミを原作にしたパニック・サバイバル・ドラマ。“ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこる黙示録的なアメリカを舞台に、こん睡から目覚めた元保安官のリックが生存者たちと共に救いの地を求め旅を続けていく。極限に追い込まれた人間の心理を描いたヒューマンドラマとしても人気を博している。製作陣には、映画「ターミネーター」のゲイル・アン・ハードら実力派が名を連ね、ゾンビの特殊メイクを担当したグレッグ・ニコテロはエミー賞メイクアップ賞を受賞した。

エピソード

  • 第1話

    導かれし屍たち/First Time Again

  • 第2話

    不意打ち/JSS

  • 第3話

    逃げ場のない道/Thank You

  • 第4話

    師の教え/Here's Not Here

  • 第5話

    波打つ不安/Now

  • 第6話

    迷いの森/Always Accountable

  • 第7話

    生かされる命/Start to Finish

  • 第8話

    雪崩/Start to Finish

  • 第9話

    決死の一夜/No Way Out

  • 第10話

    ジーザスと名乗る男/The Next World

  • 第11話

    未知なる世界/Knots Untie

  • 第12話

    殺めるべき者/Not Tomorrow Yet

  • 第13話

    張り詰めた糸/The Same Boat

  • 第14話

    強く在るために/Twice As Far

  • 第15話

    巡る因果/East

  • 第16話

    悪魔の口笛/Last Day On Earth

出演者

  • リック・グリムス アンドリュー・リンカーン (Andrew Lincoln)

    元保安官。生存者たちの絶対的なリーダーとして仲間たちを率いていく。これまでの戦いを通して、家族同然の仲間たちを守るためには非情な手段もいとわないリーダーシップを培う。

  • ダリル・ディクソン ノーマン・リーダス (Norman Reedus)

    シーズン1から行動を共にするリックの右腕的存在。優れたハンターで、クロスボウの命中率が非常に高い。当初は一匹狼だったが、仲間たちと行動を共にするにつれ、自分の存在価値を意識するようになる。

  • カール・グリムス チャンドラー・リッグス (Chandler Riggs)

    リックの息子。反抗期を経て、徐々に自分の意思で働く頼もしい存在に成長する。

  • ミショーン ダナイ・グリラ (Danai Gurira)

    日本刀を所持し、戦闘能力に長けている。長い間単独で行動していたが、要所でリックたちを助けるうちに信頼を得て仲間になった。

  • グレン スティーブン・ユァン (Steven Yeun)

    アトランタでの生存者の1人。頭が良く度胸もあり、食料調達などのサバイバル能力が高い。当初は物静かで大人しかったが、戦闘力も増し、精神的にもたくましくなっていく。

  • マギー ローレン・コーハン (Lauren Cohan)

    元農場主ハーシェルの娘。兄弟の長女として家族を支えてきたしっかり者。アレクサンドリアにたどり着いてからは、リーダーのディアナの下で働き、皆の均衡役として活躍する。

  • キャロル メリッサ・マクブライド (Melissa McBride)

    アトランタでの生存者のひとり。リックとの価値観の違いから一度はグループを追い出されるが、その後皆を窮地から救い、再び仲間に加わる。

  • モーガン レニー・ジェームス

    こん睡から目覚めたリックが一番初めに出会った生存者。当初は別行動を取っていたが、リックたちの通った道筋を辿っていく中でダリルらの窮地に遭遇し、助け出す。その後リックとも再会する。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
ゲイル・アン・ハード Gale Anne Hurd
原作
ロバート・カークマン Robert Kirkman
メイク
グレッグ・ニコテロ Greg Nicotero
「ウォーキング・デッド」の作品トップへ