海外ドラマ

ウォーキング・デッド シーズン2

ウォーキング・デッド(ウォーキングデッド) シーズン2

シーズン紹介

アメリカのベストセラーの同名コミックをドラマ化。「ショーシャンクの空に」のフランク・ダナボンがメガホンをとり、製作総指揮も担当。ウォーカーと呼ばれるゾンビがはびこる黙示録的なアメリカを舞台に、保安官リック・グリムス率いる生存者たちが安住の地を求めていく姿を描く。シーズン2の第1話は710万人が視聴し、当時のアメリカでのケーブルチャンネル最高視聴率を更新した大ヒットドラマ。

エピソード

  • 第1話

    長い旅路の始まり/What Lies Ahead

  • 第2話

    命の代償/Bloodletting

  • 第3話

    最後の銃弾/Save the last One

  • 第4話

    白いバラ/Cherokee Rose

  • 第5話

    無限の生命力/Chupacabra

  • 第6話

    明かされる秘密/Secrets

  • 第7話

    死の定義/Pretty Much Dead Already

  • 第8話

    希望という幻想/Nebraska

  • 第9話

    繰り返されるウソ/Triggerfinger

  • 第10話

    決闘/18 Miles Out

  • 第11話

    生かすか殺すか/Judge, Jury, Executioner

  • 第12話

    深い森の中で/Better Angels

  • 第13話

    壊れゆく人格/Beside the Dying Fire

出演者

  • リック・グリムス アンドリュー・リンカーン (Andrew Lincoln)

    “ウォーカー”と呼ばれるゾンビの群れから生存者たちを守り、安住の地へと導こうとするリーダー役の保安官。昏睡から目覚めた後、自力でウォーカーだらけの病院を抜け出し、見事家族と再会を果たす。

  • ローリ・グリムス サラ・ウェイン・キャリーズ (Sarah Wayne Callies)

    リックの妻。息子カールを連れ、アトランタ郊外の安全な地に身を隠す。リックを病院に置き去りにしたことを強く後悔。シェーンと不倫関係にあったが、リックと再会後は、家族で苦境を生き延びることを決意する。

  • カール・グリムス チャンドラー・リグス

    リックの息子。母親ローリとともに避難生活を続ける。

  • ダリル・ディクソン ノーマン・リーダス (Norman Reedus)

    リックたちがアトランタ市内のモールに置き去りにしたメルル・ディクソンの弟で、アトランタでの生存者の1人。兄ほどタフではないが、優れたハンターで、クロスボウの命中率は非常に高い。

  • デール ジェフリー・デマン (Jeffrey DeMunn)

    生存者の中の父親的存在。思慮深くて賢く、献身的。アトランタ郊外の安全な地で身を隠していた。妹を失ったアンドレアを親身になって励ます。

  • シェーン・ウォルシュ ジョン・バーンサル (Jon Bernthal)

    リックのパートナーであり、親友でもあった保安官。昏睡状態のリックを病院に残し、リックの妻ローリと息子カールを助ける。ローリと不倫関係になり、リックが戻って来た後は嫉妬心を燃やす。

  • アンドレア ローリー・ホールデン (Laurie Holden)

    生存者。アトランタ郊外の安全な地に身を隠していた。愛する妹がウォーカーに襲われ感染してしまい、自らの手で射殺するという苦境を乗り越える。

  • グレン スティーブン・ユァン (Steven Yeun)

    生存者。頭が良く度胸もあり、食料を調達してくるなどサバイバル能力が高い。物静かで、1人でいるのが好き。アトランタ市内のモールに身を隠していたとき、リックをウォーカーの群れから救い出した命の恩人。

  • キャロル メリッサ・マクブライド (Melissa McBride)

    ソフィアの母。夫のエドから暴力を受けていた過去を持つ気弱な女性。暴力を見かねたシェーンがエドを懲らしめてからは、徐々に自己主張をするようになる。

  • ソフィア マディソン・リンツ

    エドとキャロルの娘。キャロルと行動をともにし、歳の近いカールと一緒に遊ぶことも多い。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
フランク・ダラボン Frank Darabont
監督
アーネスト・ディッカーソン Ernest Dickerson
脚本
フランク・ダラボン Frank Darabont
「ウォーキング・デッド」の作品トップへ