海外ドラマ

運命の銃弾 シーズン1

運命の銃弾 シーズン1

シーズン紹介

ブライアン・グレイザーが制作総指揮を務め、アメリカの社会問題に迫っていくサスペンス。アメリカ南部ノースカロライナ州の小さな街で、黒人の保安官が白人の市民を射殺してしまう。その事件は、街に生きる人々を人種という壁で分断し、巨大な抗争を引き起こしていく。そんな中、調査のために合衆国司法省から捜査官のアッシュと検察官のプレストンが送り込まれるが、やがてこの事件の背景にはもう1つの重大な事件が隠されていたことがわかっていく。映画「エイリアンVS.プレデター」などで知られ、「世界で最も美しい顔100人」ランキングの常連でもあるサナ・レイサンが主人公のアッシュを演じ、プレストンには「栄光のランナー 1936ベルリン」で主演を務めたステファン・ジェームスが扮する。そのほか、女優だけではなく脚本家、監督、プロデューサーとしても活躍するヘレン・ハントが名を連ねている。

制作年:2017

エピソード

  • 第1話

    放たれた銃弾/Hour One: Pilot

  • 第2話

    失踪/Hour Two: Betrayal of Trust

  • 第3話

    不信の連鎖/Hour Three: Somebody's Son

  • 第4話

    真実/Hour Four: Truth

  • 第5話

    嵐の予兆/Hour Five: Before the Storm

  • 第6話

    抵抗の炎/Hour Six: The Fire This Time

  • 第7話

    操り人形/Hour Seven: Content of Their Character

  • 第8話

    罪滅ぼし/Hour Eight: Rock Bottom

  • 第9話

    進むべき道/Hour Nine: Come to Jesus

  • 第10話

    裁きの時/Hour Ten: Last Dance

出演者

  • アッシュ・アキノ サナ・レイサン (Sanaa Lathan)

    アメリカ合衆国司法省に所属する捜査官。警察官時代に18歳の少年に向け発砲した過去がある。

  • プレストン・テリー ステファン・ジェームス

    若くしてアメリカ合衆国司法省に所属する有能な検察官。将来有望な野球選手だったが、父親の反対を振り切り司法の世界に身を置く。

  • ジョシュア・ベック トリスタン・マック・ウィルズ

    街で唯一の黒人として働く保安官補。白人少年を射殺してしまった事件の当事者。

  • アリシア・カー ジル・ヘネシー (Jill Hennessy)

    ジョシュアによって射殺された白人少年ジェシーの母親。

  • シャミーカ・キャンベル デワンダ・ワイズ

    白人少年射殺事件が発生する前に殺害された黒人少年ジョーイの母親。

  • ジャネー・ジョーンズ アイシャ・ハインズ (Aisha Hinds)

    牧師。街で発生した2つの銃殺事件を世に知らしめるため抗議活動の指揮を執る。

  • パトリシア・イーモンズ ヘレン・ハント (Helen Hunt)

    ノースカロライナ州知事。街で発生した事件の対処に注目が集まる。

  • サラ・エリス コナー・レスリー (Conor Leslie)

    州知事と行動を共にする補佐官。事件をきっかけにプレストンと関わることになる。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
ブライアン・グレイザー Brian Grazer
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「運命の銃弾」の作品トップへ