海外ドラマ

Sex and the City シーズン1

Sex and the City(セックス・アンド・ザ・シティ) シーズン1

シーズン紹介

ニューヨークに暮らす30代独身女性4人の赤裸々な生活を描き、社会現象にもなった人気シリーズ。自立した女たちが恋に傷つき、友情に支えられながら、文字通り身体を張ってそれぞれの理想の幸せを追い求める姿がコミカルに綴られる。4人が所構わず繰り広げる過激なセックス談義や、衣装デザイナーのパトリシア・フィールドがスタイリングを手がける個性的なファッションも話題に。98年から米HBOで6シーズンにわたり放送。製作総指揮は「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」シリーズのダーレン・スター。待望の劇場版は08年8月23日に全国公開。

エピソード

  • 第1話

    NYセックス事情/Sex and the City

  • 第2話

    モデルにハマる男たち/Models and Mortals

  • 第3話

    シングルでなぜ悪い!?/Bay of Married Pigs

  • 第4話

    20代男との情事/Valley of the Twenty-Something Guys

  • 第5話

    女の魅力こそが武器/The Power of Female Sex

  • 第6話

    秘密の関係/Secret Sex

  • 第7話

    一夫一婦制の現実/The Monogamists

  • 第8話

    3人でエクスタシー/Three's a Crowd

  • 第9話

    マンハッタンの結婚観/The Turtle and the Hare

  • 第10話

    母親は究極のカルト/The Baby Shower

  • 第11話

    回数は恋のバロメーター/The Drought

  • 第12話

    愛の信仰の新しいカタチ/Oh Come All Ye Faithful

出演者

  • キャリー・ブラッドショー サラ・ジェシカ・パーカー (Sarah Jessica Parker)

    ニューヨーク・スター紙でセックスと恋にまつわるコラムを展開するライター。性には奔放な方だが、常に運命の男を探し求めている。本気で愛したビッグとは破局→復縁の繰り返し。マノロ・ブラニクの靴が大好き。

  • ミランダ・ホッブス シンシア・ニクソン (Cynthia Nixon)

    ハーバード大卒でプライドの高い女弁護士。レベルの低い男で手を打つのがイヤで、常に欲求不満ぎみ。そのためテレフォンセックスや大人のオモチャに手を出すアブない一面も。バーテンダーのスティーブとは腐れ縁。

  • シャーロット・ヨーク クリスティン・デイビス (Kristin Davis)

    画廊勤務のアートディーラー。白馬の王子様を待ち続ける唯一の結婚至上主義者だが、寄ってくるのはアナル男や言葉攻め大好き男など貧乏くじばかり。ついにハンサムな医師トレイとの結婚にこぎつけるのだが…。

  • サマンサ・ジョーンズ キム・キャトラル (Kim Cattrall)

    PR会社の敏腕パブリシスト。寝た男の人数は測定不能、3PやSM、レズビアンなどアブノーマルなセックス体験も豊富な“性の求道者”。4人の中で最も年上の姉御的存在だが、更年期障害など“老い”を実感することも。

スタッフ

原作
ダーレン・スター Darren Star
監督
スーザン・シーデルマン Susan Seidelman
ダーレン・スター Darren Star
脚本
ダーレン・スター Darren Star
マイケル・パトリック・キング Michael Patrick King
「Sex and the City」の作品トップへ