海外ドラマ

サルベーション 地球の終焉 シーズン1

サルベーション 地球の終焉(サルベーションチキュウノシュウエン) シーズン1

シーズン紹介

「トランスフォーマー」「スター・トレック」シリーズの脚本家、プロデューサーとして知られるアレックス・カーツマンが制作総指揮を務めるSFドラマ。人類を滅亡させる小惑星が地球に衝突することに気付いた世界最高峰の頭脳集団が、危機回避のために奔走する姿を描く。キャストには、「マスケティアーズ」のサンティアゴ・カブレラ、「ライラの冒険 黄金の羅針盤」のチャーリー・ロウらが名を連ね、第1話は「28週後...」のファン・カルロス・フレスナディージョ監督がメガホンをとった。

エピソード

  • 第1話

    Pilot

  • 第2話

    Another Trip Around the Sun

  • 第3話

    Truth or Darius

  • 第4話

    The Human Strain

  • 第5話

    Keeping the Faith

  • 第6話

    Chip Off the Ol' Block

  • 第7話

    Seeing Red

  • 第8話

    From Russia, with Love

  • 第9話

    Patriot Games

  • 第10話

    Coup de Grace

  • 第11話

    All In

  • 第12話

    The Wormwood Prophecy

  • 第13話

    The Plot Against America

出演者

  • リアム・コール チャーリー・ロウ (Charlie Rowe)

    天文物理学を学ぶMITの大学院生。自身が開発した宇宙の監視システムで地球に迫りくる小惑星を発見し、最先端技術を駆使しながら“地球の終えん”を防ぐべく奮闘する。

  • ダリウス・タンズ サンティアゴ・カブレラ (Santiago Cabrera)

    時代の最先端をいく科学者。自身が創業者であるタンズ社の成功で巨万の富を得る。地球絶滅規模の隕石落下説を唱えていた矢先にリアムとタッグを組むことになる。

  • グレース・バロウズ ジェニファー・フィニガン

    国防総省の報道官。上司である副長官のハリスと密かに交際し幸せな日々と送っていたが、小惑星の地球衝突回避のためダリウスに協力する立場となる。

  • ハリス・エドワーズ イアン・アンソニー・デイル (Ian Anthony Dale)

    国防総省副長官。地球に小惑星が迫ることを知っていた数少ない官僚のひとり。ダリウスとは15年来の仲。

  • ジリアン・ヘイズ ジャクリーン・バイヤーズ (Jacqueline Byers)

    駆け出しのSF作家。MITで行われたダリウスの講演会でリアムと出会い意気投合する。

  • アマンダ・ニール シャジ・ラジャ

    キャピトル・アイズ社の記者。特ダネを掴もうと躍起になるさなか、国防総省のある職員の不審死が“アトラス”に関わってることに気付き、周辺を探り始める。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
アレックス・カーツマン Alex Kurtzman
「サルベーション 地球の終焉」の作品トップへ