海外ドラマ

プライベート・プラクティス(プライベートプラクティス) シーズン5

シーズン紹介

ABCの大ヒット医療ドラマ「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」のスピンオフ作品として、2007年に放送スタート。結婚、恋愛、出世に敗れて、シアトルの大病院を辞めたアラフォーの新生児外科医アディソンが、サンタモニカにある共同医療センターで開業医として新たな人生を歩む姿を描く。女優ケイト・ウォルシュの代表作。

エピソード

  • 第1話

    運命の悪戯/God Laughs

  • 第2話

    裏切りに揺れて/Breaking the Rules

  • 第3話

    心に残された荷物/Deal With It

  • 第4話

    しがみつく記憶/Remember Me

  • 第5話

    そばにいて/Step One

  • 第6話

    自虐の歌/If I Hadn't Forgotten...

  • 第7話

    託された夢 託された夢/Don't Stop 'Till You Get Enough

  • 第8話

    心に棲む魔物 心に棲む魔物 心に棲む魔物/Who We Are

  • 第9話

    女たちの決意/The Breaking Point

  • 第10話

    親になる人/Are You My Mother?

  • 第11話

    眠れない夜の過ごし方/The Standing Eight Count

  • 第12話

    抗うのではなく/Losing Battles

  • 第13話

    立ち直る合図/The Time Has Come

  • 第14話

    長すぎる空白/Too Much

  • 第15話

    リスクの価値/You Break My Heart

  • 第16話

    アンドロメダ/Andromeda

  • 第17話

    やさしい敗北/The Letting Go

  • 第18話

    避けられないもの/It Was Inevitable

  • 第19話

    悲しみの連鎖/And Then There Was One

  • 第20話

    子どもの事情/True Colors

  • 第21話

    漂流の果てに/Drifting Back

  • 第22話

    小さな救世主/Gone, Baby, Gone

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
ションダ・ライムズ Shonda Rhimes
マーク・ティンカー Mark Tinker
ベッツィ・ビアーズ Betsy Beers
マーク・ゴードン Mark Gordon
監督
マーク・ティンカー Mark Tinker
脚本
ションダ・ライムズ Shonda Rhimes
「プライベート・プラクティス」の作品トップへ