海外ドラマ

メゾン・クローズ 娼婦の館(メゾン・クローズ ショウフノヤカタ) シーズン1

シーズン紹介

1871年のパリの高級娼館を舞台に、運命に翻ろうされる娼婦たちの人生と、そこで起こる殺人事件を軸に送るミステリードラマ。「その男ヴァン・ダム」のマブルク・エル・メクリが監督を務め、19世紀のパリの娼館を絵画のように美しく描き出す。

制作年:2010
チャンネル:sky

エピソード

  • 第1話

    饗宴と殺人

  • 第2話

    処女の値札

  • 第3話

    男爵の首飾り

  • 第4話

    囚われの天使

  • 第5話

    母と娘

  • 第6話

    殺意の告白

  • 第7話

    閉ざされた秘密

  • 第8話

    女たちの報復

出演者

  • オルタンス バレリー・カーセンティ

    高級娼館パラディの女将。厳格で客扱いが上手く、悪党の金貸しの執ような取り立てにも耐え、女手一つでパラディを切り盛りしてきた。

  • ピエール ニコラ・ブリアンソン (Nicolas Briancon)

    ケープタウンからパリに戻って来たオルタンスの弟。自由かっ達でこじゃれたブルジョワジーの典型で、パリ市民の高級社交界に受け入れられたいと願う。

  • ベラ アンヌ・カリエール

    パリの誰もが奪い合う美しい高級娼婦。35歳を迎え、自分の娼婦としてのキャリアがもう長くないと感じ、パラディを去ることを望んでいる。

  • ローズ ジェミマ・ウエスト

    騙されてパラディに雇われた美少女。娼婦の母により、修道院に預けられていた。

  • アンジェル ブランディーヌ・ベラボア

    可愛い赤毛の娼婦。うぶで未熟な故、人に利用されやすいが、明るく親しみやすい性格で、他の娼婦たちに本当の家族のように愛されている。

  • ベルサ デボラ・グラル

    反抗的で口の減らない強気な娼婦。新人には容赦なく接し、娼館の厳しさを教える。

  • バランティーヌ クレメンス・プレトゥシエール

    副女将を目指す知性派娼婦。この娼館で生き抜くことだけを考え、迷いがない。オルスタンスからの信頼も厚い。

  • マルグリット カトリーヌ・オスマラン

    娼館のために日々駆けまわる副女将。如才ない仕事ぶりで娼婦たちを管理し、スカウトマンや支給係とも交渉する。パラディの経営パートナーになりたいと願う。

スタッフ

製作
ジャック・ワニシュ
脚本
ジャック・ワニシュ
監督
マブルク・エル・メクリ Mabrouk El Mechri
「メゾン・クローズ 娼婦の館」の作品トップへ