海外ドラマ

ゾンビ・アット・ホーム シーズン1

ゾンビ・アット・ホーム(ゾンビ・アット・ホーム) シーズン1

シーズン紹介

BBCが製作し、「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」や「SHERLOCK/シャーロック」でキャリアを積み上げてきたルーク・ニューベリーが主演を務めるゾンビドラマ。ゾンビの出現により荒廃した後の世界を舞台に、リハビリと薬物治療を終えたゾンビの青年が、ゾンビであることを隠し、街に帰って来る場面から物語が始まる。“ゾンビから逃げる人間”ではなく、“元ゾンビの青年”という新たな設定が反響を呼び、大ヒットシリーズとなった。

出演者

  • キーレン・ウォーカー ルーク・ニューベリー (Luke Newberry)

    最初の復活によって蘇り、社会復帰した心優しい真面目な青年。常にコンタクトレンズを着用し、ファンデーションを塗り、人間との関係を有効に保とうとしている。

  • エイミー・ダイアー エミリー・ビーバン (Emily Bevan)

    部分死症候群(PDS)であることを隠さず、コンタクトレンズもファンデーションも使用しないで常に素顔で外出している。不死者解放軍に参加するようになる。

  • サイモン・モンロー エメット・J・スキャンラン

    預言者の12人の弟子のカリスマ的リーダー。第2の人生を最大限に活かすべく、PDSの解放とあるミッションを委ねられている。

  • マキシン・マーティン ウンミ・モサク

    下院議員に当選し、反PDS政党である“ビクタス”の一員。説得力と専門性に長け、ある目的を持っている。

  • ジェム・ウォーカー ハリエット・ケインズ

    キーレンの妹で、義勇軍として戦った経験を持つ。キーレンの復活に対して、怒り、不信といった感情が入り乱れていたが、次第に打ち解ける。

スタッフ

監督
ジョニー・キャンベル Johnny Campbell
「ゾンビ・アット・ホーム」の作品トップへ