海外ドラマ

HOMELAND シーズン5

HOMELAND(ホームランド) シーズン5

シーズン紹介

テロの脅威と戦い続ける元CIA局員キャリーの姿を描く本格社会派サスペンスドラマ。“対テロ戦争”という題材を通し、現代のアメリカ、国際社会にはびこる根深い問題を掘り下げ、これまでにエミー賞、ゴールデングローブ賞を受賞。今シーズンからは、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで知られるミランダ・オットーが新たに参戦している。

エピソード

  • 第1話

    新天地/Separation Anxiety

  • 第2話

    もてなしの精神/The Tradition Of Hospitality

  • 第3話

    超大国/Super Powers

  • 第4話

    特別な夜/Why Is This Night Different?

  • 第5話

    裏切りの渦/Better Call Saul

  • 第6話

    結合/Parabiosis

  • 第7話

    秘密の生存者/Oriole

  • 第8話

    バグダッドの真実/All About Allison

  • 第9話

    策略/The Litvinov Ruse

  • 第10話

    新たな常識/New Normal

  • 第11話

    指令/Our Man in Damascus

  • 第12話

    幻の光/A False Glimmer

出演者

  • キャリー・マティソン クレア・デーンズ (Claire Danes)

    元CIA特殊部員。躁鬱病を患いながらも、対テロセンターで長年任務を全うしていた。現在は、ドイツのベルリンで、慈善団体の警備責任者として勤務している。

  • ソール・ベレンソン マンディ・パティンキン (Mandy Patinkin)

    キャリーの元上司。一時はCIAから退いていたが、テロリストとの取引によりアダールからCIA復帰のオファーを受け、欧州担当部長としてドイツに留まる。

  • ピーター・クイン ルパート・フレンド (Rupert Friend)

    CIA特殊部隊のエリートスナイパー。当初は分析官として身分を偽りキャリーたちの様子を探っていたが、実力を認め、次第によき理解者になる。シリアで壮絶な戦いを経てベルリンの次の任務に就く。

  • アリソン・カー ミランダ・オットー (Miranda Otto)

    CIAのベルリン支局長。ヨーロッパを拠点に中東などにも幅広い人脈を持つ。キャリーやソールと過去に仕事を共にしていた旧友でもあり、現欧州担当部長のソールと連携を取って仕事をしている。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
ハワード・ゴードン
アレックス・ガンサ
「HOMELAND」の作品トップへ