海外ドラマ

HOMELAND シーズン3

HOMELAND(ホームランド) シーズン3

シーズン紹介

CIA本部爆破テロ事件から2ヶ月、219人の死者を出したこの事件は“第2の911”と呼ばれ、ニコラス・ブロディは最重要指名手配犯となる。同じく指名手配されたキャリーは躁うつ病の薬の代わりにテキーラを飲み荒れた生活を送っていた。CIA副長官の死後、ソール・ベレンソンが後任となり、次なるテロの脅威と向き合う。ソールは参考人として上院諜報特別委員会に召集され証言をするが、事態は思わぬ方向に向かってしまう。

エピソード

  • 第1話

    報復/Tin Man Is Down

  • 第2話

    まやかし/"Uh...Oo...Aw"

  • 第3話

    囚われの身/Tower of David

  • 第4話

    ゲーム開始/Game On

  • 第5話

    作戦続行/Yoga Play, The

  • 第6話

    駆け引き/Still Positive

  • 第7話

    正当化の理由/Gerontion

  • 第8話

    交錯/Red Wheel Barrow, A

  • 第9話

    再生への道/One Last Thing

  • 第10話

    国境越え/Good Night

  • 第11話

    不都合な存在/Good Night

  • 第12話

    名もなき星/Star, The

出演者

  • キャリー・マティソン クレア・デインズ

    対テロセンターに所属するCIA特殊部員。躁うつ病を患いながらも、ニコラス・ブロディ軍曹にテロリスト疑惑を持ち接触、のちに男女の関係に。しかし、CIA本部爆破事件を機にブロディと離れCIAからも距離を置く。

  • ニコラス“ニック”ブロディ ダミアン・ルイス (Damian Lewis)

    8年間アルカイダの捕虜として捕らわれた後に無事帰還したが、キャリーにテロリスト疑惑を掛けられる。疑惑が消える頃に、副大統領に見初められ政府の中枢に入り込むことに成功。

  • ソール・ベレンソン マンディ・パティンキン (Mandy Patinkin)

    キャリーの元上司。CIAでのキャリーのよき指導者で、ブロディとキャリーの関係を知る。

  • ジェシカ・ブロディ モリーナ・バッカリン (Morena Baccarin)

    ニコラスの妻であり、デイナ、クリスの母親。ニックが行方不明だった8年の間に、彼の友人であり同僚であるマイクと関係を持つ。

  • ピーター・クイン ルパート・フレンド (Rupert Friend)

    エリートCIA、ブラックオペレーションエージェント。キャリー、ソール、バージル、マックス達からなる監視チームを率いて、ブロディを調査をしている。

  • デイナ・ブロディ モーガン・セイラー (Morgan Saylor)

    ニックとジェシカの15歳の娘で、反抗期の真っ只中。父親の突然の帰還に戸惑い、家族を信用するべきか、友達を信用するべきか悩む。

  • クリス・ブロディ ジャクソン・ペイス

    ニックとジェシカの13歳の息子。幼い頃にニックがいなくなってしまったため、父親の記憶があまり無い。

  • ダール・アダール フランク・マーレイ・エイブラハム

  • ミラ・ベンソン サリタ・チョウドリー (Sarita Choudhury)

  • アンドリュー・ロックハート議員 トレイシー・レッツ

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
アレックス・ガンサ Alex Gansa
ハワード・ゴードン Howard Gordon
ギデオン・ラフ Gideon Raff
「HOMELAND」の作品トップへ