海外ドラマ

ハンニバル シーズン3

ハンニバル(ハンニバル) シーズン3

シーズン紹介

映画「羊たちの沈黙」で世界的人気を博したトマス・ハリスの“ハンニバル・レクター”シリーズをTVシリーズ化したサイコ・サスペンスドラマのファイナルシーズン。レクターの誕生を描く「ハンニバル・ライジング」から、レクターが逮捕される「レッド・ドラゴン」までの空白を埋めるオリジナルストーリーで、レクター博士をマッツ・ミケルセンが熱演し、今シーズンには日本人で「ウルヴァリン:SAMURAI」で女優デビューを果たしたモデルのTAOが出演。脚本を原作者であるトマス・ハリスが監修している。

エピソード

  • 第1話

    アンティパスト/Antipasto

  • 第2話

    プリマベーラ/Primavera

  • 第3話

    セコンド/Secondo

  • 第4話

    アペリティーボ/Aperitivo

  • 第5話

    コントルノ/Contorno

  • 第6話

    ドルチェ/Dolce

  • 第7話

    ディジェスティーボ/Digestivo

  • 第8話

    レッド・ドラゴン 序章/The Great Red Dragon

  • 第9話

    レッド・ドラゴン 誕生/...And the Woman Clothed with the Sun

  • 第10話

    レッド・ドラゴン 覚醒/...And the Woman Clothed in Sun

  • 第11話

    レッド・ドラゴン 葛藤/...And the Beast from the Sea

  • 第12話

    レッド・ドラゴン 暴走/The Number of the Beast Is 666

出演者

  • ハンニバル・レクター マッツ・ミケルセン (Mads Mikkelsen)

    天才精神科医だが、正体は猟奇殺人鬼。FBIの捜査の手を逃れ、身元を偽ってヨーロッパに逃亡した。

  • ウィル・グレアム ヒュー・ダンシー (Hugh Dancy)

    心に闇を抱える天才プロファイラー。ハンニバルの精神支配で多大な犠牲を追いながらも、自身がハンニバル逮捕の切り札になると考え、ヨーロッパへ向かう。

  • ジャック・クロフォード ローレンス・フィッシュバーン (Laurence Fishburne)

    ハンニバルとの死闘を生き延びたFBI行動科学科の元課長。FBI退職後は、ウィルを救うため独自に行動する。

  • アラーナ・ブルーム キャロリーヌ・ダヴェルナス (Caroline Dhavernas)

    ハンニバルによって死の淵に直面したものの、気力で生き延びる。信じる者は自分だけという決意をもってある場所へ向かう。

  • ベデリア・ドゥ・モーリア ジリアン・アンダーソン (Gillian Anderson)

    ハンニバルの元精神科医。ハンニバルと共に身元を偽ってヨーロッパへ向かう。

  • 千代 TAO

    レディ・ムラサキのもとで育った小間使いの少女。ハンニバルの影響を受けて育っている。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
ブライアン・フラー Bryan Fuller
脚本
トマス・ハリス Thomas Harris
「ハンニバル」の作品トップへ