海外ドラマ

ゴールデン・ボーイ 若きNY市警本部長 シーズン1

ゴールデン・ボーイ 若きNY市警本部長 シーズン1

シーズン紹介

「ARROW/アロー」「プリズン・ブレイク」の製作陣が手がける、野心に溢れた若い警察官が異例のスピードでNY市警本部長に登りつめていく成長と葛藤の様子をフラッシュバック方式で描く1話完結の本格クライムドラマ。映画「ダイバージェント」シリーズで脚光を浴びたテオ・ジェームズが主演を務め、「プッシング・デイジー 恋するパイメーカー」「HAWAII FIVE-0」で知られるシャイ・マクブライドが共演している。

制作年:2013
チャンネル:CBS

エピソード

  • 第1話

    殺人課初日/Pilot

  • 第2話

    報復の代償/The Price of Revenge

  • 第3話

    今こそ正義を/Young Guns

  • 第4話

    悪徳の連鎖/Role Models

  • 第5話

    消せない過去/Vicious Cycle

  • 第6話

    富豪一家の秘密/Just Say No

  • 第7話

    空白の2年/McKenzie on Fire

  • 第8話

    スケープゴート/Scapegoat

  • 第9話

    予期せぬ再会/Atonement

  • 第10話

    天使の過ち/Sacrifice

  • 第11話

    シュートの行方/Longshot

  • 第12話

    堕ちた獣たち/Beast of Burden

  • 第13話

    クラークの決意/Next Question

出演者

  • ウォルター・クラーク テオ・ジェームズ (Theo James)

    NY市警の制服警官から殺人課刑事へ特例の昇進をし、34歳の若さで本部長まで上り詰める。事件解決への意欲を燃やす故に一線を越えてしまうこともある。

  • ドン・オーウェン シャイ・マクブライド (Chi McBride)

    ウォルターのパートナー。殺人課で様々な経験を積んだベテランで、指導者的存在。定年を2年後に控えるが、ウォルターに触発され、現役続行に惹かれ始める。

  • クリスチャン・アロヨ ケビン・アレハンドロ

    ウォルターが来るまでは誰もがナンバーワンと認める刑事として活躍しており、ウォルターを陥れるためなら手段を選ばない。マッケンジー刑事と不倫関係にある。

  • マッケンジー ボニー・サマービル

    殺人課唯一の女性刑事。アロヨ刑事と不倫関係にある。兄も警官だったが、何者かに撃たれて殉職し、未解決事件となっている。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
ニコラス・ウートン Nicholas Wootton
監督
ジェイス・アレクサンダー Jace Alexander
マシュー・ペン Matthew Penn
ジェイミー・バビット Jamie Babbit
カレン・ガビオラ Karen Gaviola
ニック・ゴメス Nick Gomez
マイク・リスト Mike Listo
コンスタンティン・メイクリス Constantine Makris
ポール・マクレーン Paul McCrane
ビンセント・ミシアーノ Vincent Misiano
リチャード・シェパード Richard Shepard
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「ゴールデン・ボーイ 若きNY市警本部長」の作品トップへ