海外ドラマ

ジェネレーション・キル(ジェネレーションキル) シーズン1

シーズン紹介

ローリング・ストーン誌のジャーナリストエバン・ライトの従軍手記を、テレビドラマ「THE WIRE/ザ・ワイヤー」を手がけたデビッド・サイモンとエド・バーンズが映像化。キャストには、アレクサンダー・スカルスガルド、マイケル・ケリーらが名を連ね、イラク戦争に投入された米海兵第1偵察大隊の姿を描く。エミー賞では11部門にノミネートされ、音響編集賞/音響効果賞/視覚効果賞を受賞。そのほか、全米脚本家組合賞など多くの賞に輝いている。

制作年:2008
チャンネル:HBO

エピソード

  • 第1話

    出撃/Get Some

  • 第2話

    文明の生まれた地/The Cradle of Civilization

  • 第3話

    制圧作戦/Screwby

  • 第4話

    戦士の慰み/Combat Jack

  • 第5話

    猛犬/A Burning Dog

  • 第6話

    冷静な男/Stay Frosty

  • 第7話

    眠る爆弾/Bomb in the Garden

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
エド・バーンズ Edd Byrnes
デビッド・サイモン David Simon
脚本
エバン・ライト Evan Wright
「ジェネレーション・キル」の作品トップへ