海外ドラマ

デクスター シーズン6

デクスター シーズン6

シーズン紹介

爆発的人気のデクスター、シーズン6は遥かに想像を超える衝撃が待っている!!!、前シーズンは胸が張り裂けるような別れで幕を閉じ、デクスターは、改めて警察官であり連続殺人鬼である永久不変の“自分”を受け入れる事となった。そして今シーズン、未だ嘗てない新しい最強の敵に出会い、完璧な殺人鬼であるデクスターの存在は無残にも打ち砕かれる!!

制作年:2011
チャンネル:Showtime

エピソード

  • 第1話

    信仰/Those Kinds of Things

  • 第2話

    おとぎ話/Once Upon a Time

  • 第3話

    欲望と老い/Smokey and the Bandit

  • 第4話

    神と科学/A Horse of a Different Color

  • 第5話

    光と闇/The Angel of Death

  • 第6話

    闇を捨てて/Just Let Go

  • 第7話

    過去の亡霊/Nebraska

  • 第8話

    怠惰/Sins of Omission

  • 第9話

    怒りの鉢/Get Gellar

  • 第10話

    軌道修正/Ricochet Rabbit

  • 第11話

    ゲラーの手/Talk to the Hand

  • 第12話

    兄への愛/This is the Way the World Ends

出演者

  • デクスター・モーガン マイケル・C・ホール (Michael C. Hall)

    マイアミ市警の血痕分析官。誰からも愛される優秀な警察官。幼い頃、目の前で母親を惨殺された事をキッカケに強い殺人願望を抱くようになり、凶悪犯罪者に死の制裁を加えるシリアルキラーとして生きていく。

  • デボラ・モーガン ジェニファー・カーペンター (Jennifer Carpenter)

    デクスターの妹でマイアミ市警の殺人課の刑事。口が悪く少々気性が荒いが正義感の強い優秀な警察官。デクスターと違い彼女に忌まわしいトラウマは無く、長い間デクスターの正体にも気付いていなかった。

  • エンジェル・バティスタ デビッド・ザヤス (David Zayas)

    マイアミ市警の殺人課の巡査部長。警部補のマリアとは長い友人の期間を経て結婚する。温厚で優しい性格をもつ男で誰からも愛され、気さくな兄貴分のような存在。

  • ビンス・マスカ C・S・リー

    デクスターの同僚で鑑識官。女好きで常にシモネタばかり話すマイアミ市警のお笑い担当。自分では優秀だと思っているがデクスターの高いIQの足元にも及ばない。

  • ジョーイ・クイン デズモンド・ハリントン (Desmond Harrington)

    マイアミ市警殺人課に異動してくる。正々堂々と汚職をするなど文字通りの不良警官だが、なかなかスマートでデクスターとしては安心できない男。

  • トラビス・マーシャル コリン・ハンクス

    マイアミ美術館で働く古代工芸品の専門家。

  • ジェームズ・ゲラー エドワード・ジェームズ・オルモス

    大学教授であり、トラヴィスが師匠として崇める人物。

  • ブラザー・サム モス・デフ

    元殺人犯であるが信仰に目覚め、牧師に。自ら経営する店では前科者を雇っている。

  • ジェイミー・バティスタ エイミー・ガルシア

    殺人課のエンジェルの妹で、デクスターの息子ハリソンのベビーシッターとして雇われる。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
サラ・コレトン Sara Colleton
ジョン・ゴールドウィン John Goldwyn
監督
ジョン・ダール John Dahl
脚本
ジェームズ・マノス・Jr. James Manos Jr.
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「デクスター」の作品トップへ