海外ドラマ

私はラブ・リーガル シーズン6

私はラブ・リーガル(ワタシハラブリーガル) シーズン6

シーズン紹介

ミュージカル映画「シカゴ」「ヘアスプレー」のプロデューサーを手がけたクレイグ・ゼイダンとニール・メロンが制作総指揮を務めるラブコメディのファイナルシーズン。事務所のボスの身代わりで撃たれてしまった女性弁護士のジェーンと、ブロンド美人でモデルのデビーは同じ時間に死んでしまう。まだ天国に行きたくないデビーは門番のフレッドを押し切り地上に戻るが、彼女の魂は亡くなった直後のデビーの身体に入ってしまい……。デビー役のブルック・エリオットは、本シリーズがテレビドラマ初主演。

エピソード

  • 第1話

    私はデビー/Truth & Consequences

  • 第2話

    言えなかった理由/Soulmates?

  • 第3話

    初デートをもう一度/First Date

  • 第4話

    禁じられた愛/Life & Death

  • 第5話

    あなたとの一夜/Cheers & Jeers

  • 第6話

    デスパレートな女たち/Desperate Housewife

  • 第7話

    「愛してる」のタイミング/Sister Act

  • 第8話

    オトコの勝負時/Identity Crisis

  • 第9話

    エンゲージリングは涙の色/Hope and Glory

  • 第10話

    アイム・バック!/No Return

  • 第11話

    恋人は死刑囚!?/Afterlife

  • 第12話

    ジェーンの決断/Hero

  • 第13話

    カレと私のラブソング/It Had to Be You

出演者

  • ジェーン・ビンガム ブルック・エリオット

    一流モデルを夢見る美人から一転、交通事故で命を落とし、その魂が心も体もビッグなジェーンの肉体に入ったことから人生が一転する。超ラブリーな弁護士。

  • グレイソン・ケント ジャクソン・ハースト (Jackson Hurst)

    デビーの元婚約者で、ジェーンの同僚弁護士。ようやくジェーンへの想いに気付く。

  • オーウェン・フレンチ レックス・メドリン

    ジェーンの元婚約者で、事務所のパートナー弁護士。ステイシーへ精子提供をしたことをきっかけにステイシーに惹かれ始める。

  • ステイシー・バレット エイプリル・ボールビー

    デビーの親友で、ジェーンの秘密を知っている。明るく素直な性格。オーウェンから精子提供を受け、妊娠中。

  • テリー・リー マーガレット・チョー (Margaret Cho)

    ジェーンのアシスタントであり、良き理解者。さまざまな人脈や情報網を持ち、ここぞという時に頼りになる。

  • キム・カズウェル ケイト・レバリング

    ジェーンの事務所のパートナー弁護士でありライバル。事務所の元代表パーカーとの子どもを出産し、育児休暇中。

  • ポール ジャスティン・ディーリー

    ジェーンの3代目守護天使。自分の筋肉に自信を持ち、無邪気な性格でジェーンを振り回すが、的確な助言をすることもある。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
ジョシュ・バーマン Josh Berman
ニール・メロン Neil Meron
「私はラブ・リーガル」の作品トップへ