海外ドラマ

CSI ニューヨーク シーズン7

CSI ニューヨーク シーズン7

シーズン紹介

2004年から全米で放送開始されたミステリー・ドラマのシーズン7。人口800万人が住む全米一の巨大都市、ニューヨークで発生する数々の犯罪現場に駆けつけ、最新科学を駆使して犯罪の奥に潜む真実を暴き、事件解決に導く。今シーズンは現在の社会的背景を反映させたリアルかつショッキングなストーリーが展開する。

制作年:2004
チャンネル:CBS

エピソード

  • 第1話

    34階からの訪問者/The 34th Floor

  • 第2話

    最期のチャットUnfriendly Chat

  • 第3話

    証言/Damned If You Do

  • 第4話

    血には血を/Sangre Por Sangre

  • 第5話

    空から来しもの/Out of the Sky

  • 第6話

    操られた心/Do Not Pass Go

  • 第7話

    見えざる狙撃者/Hide Sight

  • 第8話

    死者たちのセントラルパーク/Scared Stiff

  • 第9話

    正義の形/Justified

  • 第10話

    聖なる夜の贈り物/Shop Till You Drop

  • 第11話

    ピエロの殺意/To What End?

  • 第12話

    出口を求めて/Holding Cell

  • 第13話

    パーティー・ダウン/Party Down

  • 第14話

    スムース・クリミナル/Smooth Criminal

  • 第15話

    復讐/Vigilante

  • 第16話

    ジェーン・ドウは見た/The Untouchable

  • 第17話

    優等生の秘密/Do or Die

  • 第18話

    アイデンティティ/Identity Crisis

  • 第19話

    危険なメニュー/Food for Thought

  • 第20話

    絡み合う糸/Nothing For Something

  • 第21話

    17年目の真実/Life Sentence

  • 第22話

    最後の未解決事件/Exit Strategy

出演者

  • マック・テイラー ゲイリー・シニーズ (Gary Sinise)

    NY市警のCSIチーフ。世界有数の優秀な犯罪学者でもあり、証拠の分析の他に犯行につながる動機にも目を向け、犯人を追い詰めていく。9.11の同時多発テロで愛妻クレアを失うが、その後、クレアの息子リードと出会い交流を深めるようになる。

  • ジョー・ダンヴィル セラ・ウォード (Sela Ward)

    FBI時代に担当したレイプ事件の捜査中、DNA鑑定でミスを犯した部下がそのミスを隠蔽。 事実に気付いたジョーが、正義感から その事実を公表したため、結果としてレイプ犯が釈放。更なる被害者を出してしまったという苦い過去を持つ。

  • ダニー・メッサー カーマイン・ジョヴィナッツォ

    NYのスタテン・アイランド出身のCSI捜査官。犯罪の多い地区で育ったからか、「犯罪を犯す側にも事情がある」というユニークな倫理観を持つ。紆余曲折を得て、同僚のリンジーと結婚し、愛娘ルーシーと幸せな日々を過ごす。

  • リンジー・モンロー アンナ・ベルナップ

    モンタナ州出身のCSI捜査官。少女時代、親友たちが殺されリンジー一人が生き残るという悲しい過去があり、辛い時期に自分を支えてくれたダニーを愛するようになり、結婚する。

  • シェルドン・ホークス ヒル・ハーパー (Hill Harper)

    以前は検視官としてCSIラボに勤務していたが、フィールド捜査を希望し、チームに加わったCSI捜査官。捜査官になった後も、検視官としてのキャリアを活かし、医学的な側面から事件解決を試みることもある。

  • ドン・フラック エディ・ケイヒル

    NY市警殺人課の刑事。代々警察官という家系に生まれ、若いながらも正義感、責任感の強い熱血刑事だが、その正義感と、仲間への信頼・友情との狭間で悩み苦渋の決断を迫られたり、爆弾テロに巻き込まれ瀕死の重傷を負ったこともある。

  • シド・ハマーバック ロバート・ジョイ (Robert Joy)

    マックの信頼も厚い大ベテランの検視官。フレームが中央で分離するタイプの眼鏡がトレードマークで、一見、ひょうひょうとした人物に見えるが、家族のいないマックを気遣い、感謝祭のディナーに招待するなど、暖かい一面もある。

  • アダム・ロス A・J・バックリー (A.J. Buckley)

    CSIラボの職員。DNAのスペシャリストであると同時に幅広い知識とスキルを持つ研究員。少しオタクっぽいところもあるが、以前の捜査でバーチャル・リアリティの世界で大活躍を見せるなど、捜査官たちを支える頼もしい存在である。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
ジェリー・ブラッカイマー Jerry Bruckheimer
キャロル・メンデルソーン Carol Mendelsohn
アンソニー・E・ズイカー Anthony E. Zuiker
アン・ドナヒュー Ann Donahue
ジョナサン・リットマン Jonathan Littman
監督
ロブ・ベイリー Rob Bailey
脚本
アンソニー・E・ズイカー Anthony E. Zuiker
アン・ドナヒュー Ann Donahue
キャロル・メンデルソーン Carol Mendelsohn
「CSI ニューヨーク」の作品トップへ