海外ドラマ

クローザー(クローザー) シーズン5

シーズン紹介

主演のキーラ・セジウィックがエミー賞、ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞をダブル受賞した大ヒットクライムドラマ。今シーズンでは、後にスピンオフ場組として誕生する「Major Crimes~重大犯罪課」の主役、シャロン・レイダーが登場するところにも注目。

エピソード

  • 第1話

    密やかな殺しの依頼/Products of Discovery

  • 第2話

    血塗られた身代金/Blood Money

  • 第3話

    赤い規制線/Red Tape

  • 第4話

    キティの贈り物/Walking Back the Cat

  • 第5話

    死の意味/Half Load

  • 第6話

    偽りの名刑事/Tapped Out

  • 第7話

    翻る半旗/Strike Three

  • 第8話

    残された時間/Elysian Fields

  • 第9話

    消えた凶器/Identity Theft

  • 第10話

    殺人のにおい/Smells Like Murder

  • 第11話

    ウソが招いた結果/Maternal Instincts

  • 第12話

    殺しの記念品/Waivers of Extradition

  • 第13話

    人生の落とし穴/The Life

  • 第14話

    本当の姿/Make Over

  • 第15話

    死者は語る/Dead Man's Hand

出演者

  • ブレンダ・リー・ジョンソン キーラ・セジウィック (Kyra Sedgwick)

    CSI出身の敏腕クローザー。難事件をクローズ(終わらせる)手腕を買われ、ロサンゼルス市警に引き抜かれた尋問のプロ。

  • フリッツ・ハワード ジョン・テニー (Jon Tenney)

    友人としてブレンダに協力を惜しまないFBI捜査官。ブレンダの夫で、仕事中毒でワガママな妻をいつも上手に操縦する。

  • ウィル・ポープ J.K.シモンズ

    ワシントン市警在籍中にブレンダと不倫していたが、妻と離婚後別の女性と結婚。要所要所でブレンダの味方につく。

  • ガブリエル巡査部長 コリー・レイノルズ

    テイラーのおかげでUSCの博士号を取得することが出来たため、テイラーを尊敬している。ブレンダにも紳士的に接し、運転手を買って出る。

  • プロベンザ警部補 G.W.ベイリー

    仕事中もふざけてばかりでやる気のない刑事。ブレンダをバカにしてモノマネをするなど、茶化す場面も多く、セクハラすれすれの発言も多い。

  • フリン警部補 トニー・デニソン (Tony Denison)

    嘘や隠ぺいにまみれ、尊厳を失った問題刑事。ブレンダの存在にも反発し、ブレンダ降ろしを画策することもあったが、徐々に打ち解ける。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
ジェームズ・ダフ James Duff
マイケル・M・ロビン Michael M. Robin
監督
マイケル・M・ロビン Michael M. Robin
リック・ウォーレス Rick Wallace
脚本
ジェームズ・ダフ James Duff
音楽
ジェームズ・S・レビン James S. Levine
「クローザー」の作品トップへ