海外ドラマ

クローザー(クローザー) シーズン4

シーズン紹介

主人公ブレンダのCIA仕込みの一刀両断、豪快なまでの落としのテクニックと、仕事とプライベートの狭間で揺れる女心に多くの女性から共感、支持を得ているクライムドラマ。ブレンダを演じるキーラ・セジウィックはゴールデングローブ賞、エミー賞の主演女優賞を受賞し、ケーブル局のナンバー1視聴率を記録。今シーズンは今まで以上の波乱の幕開けが待っている!

エピソード

  • 第1話

    消えない炎/CONTROLLED BURN

  • 第2話

    取り戻せない日々/SPEED BUMP

  • 第3話

    許されざるゲーム/CHERRY BOMB

  • 第4話

    取引不成立/LIVE WIRE

  • 第5話

    崖っぷちのプロベンザ/DIAL 'M' FOR PROVENZA

  • 第6話

    本物の怪物/PROBLEM CHILD

  • 第7話

    東ロサンゼルスの悲劇/SUDDEN DEATH

  • 第8話

    守りたいプライバシー/SPLIT ENDS

  • 第9話

    ティファナから来た罪人/TIJUANA BRASS

  • 第10話

    シンボルの意味/TIME BOMB

  • 第11話

    血痕のシルエット/GOOD FAITH

  • 第12話

    トランクの中の殺意/JUNK IN THE TRUNK

  • 第13話

    弁護士の力量/POWER OF ATTORNEY

  • 第14話

    クレアの千里眼/FATE LINE

  • 第15話

    二人の形/DOUBLE BLIND

出演者

  • ブレンダ・リー・ジョンソン キーラ・セジウィック (Kyra Sedgwick)

    CIA出身の敏腕クローザー。何事件をクローズする手腕を買われ、アトランタ市警からロサンゼルス市警に引き抜かれた尋問のプロ。仕事は出来るがプライベートはトラブル続き、重度のスイーツ中毒で方向音痴。

  • フリッツ・ハワード FBI特別捜査官 ジョン・テニー (Jon Tenney)

    ブレンダに協力を惜しまないFBI特別捜査官。ブレンダのフィアンセ。仕事中毒でワガママなブレンダをいつも上手く操縦する。

  • 副本部長 ウィル・ポープ J.K.シモンズ

    ワシントン市警在籍中にブレンダと不倫していたが、妻と離婚後別の女性と結婚。要所要所でブレンダの味方につく。時折、未練をのぞかせる一面も。

  • ガブリエル巡査部長 コリー・レイノルズ

    テイラーのお陰でUSC修士号を取得することができたため、非常に尊敬している。ブレンダに対し、紳士的に接し、運転手を買って出る。

  • テイラー警部 ロバート・ゴセット (Robert Gossett)

    部下から慕われ、強盗殺人課を仕切るベテラン警官。アトランタ市警から来たブレンダが自分より上位の本部長補佐になったことに不満を抱き、ブレンダ降ろしを画策する。

  • プロベンザ警部補 G.W.ベイリー

    仕事中ふざけてばかりでやる気のない刑事。ブレンダをバカにしてモノマネをするなど茶化す場面も多く、セクハラすれすれの発言も多い。4回離婚している。実は、愛に溢れる人情派な一面もある。

  • フリン警部補 トニー・デニソン (Tony Denison)

    嘘や隠ぺいにまみれ、尊厳を見失った問題刑事。ブレンダの存在にも反発し、ブレンダ降ろしを画策することもあったが、徐々に打ち解ける。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
ジェームズ・ダフ James Duff
グリアー・シェパード Greer Shephard
マイケル・M・ロビン Michael M. Robin
「クローザー」の作品トップへ