海外ドラマ

ボストン・リーガル(ボストン・リーガル) シーズン1

シーズン紹介

法廷ドラマを得意とし、「アリーmyLove」や「ザ・プラクティス」を手がけてきたデイビッド・E・ケリーが製作総指揮を務めたリーガルコメディ。主演コンビのアランを演じる映画「セックスと嘘とビデオテープ」のジェームズ・スペイダーと、デニーを演じる「スター・トレック/宇宙大作戦」のウィリアム・シャトナーの見事な演技力と、主演2人に負けずとも劣らないゲスト俳優たちが続々と登場し、インパクトの強いキャラクターを演じているところも魅力のひとつ。

エピソード

  • 第1話

    弁護士アラン・ショア/Head Cases

  • 第2話

    友情の代償/Still Crazy After All These Years

  • 第3話

    父と息子/Catch and Release

  • 第4話

    苦い勝利/Change of Course

  • 第5話

    目には目を/An Eye for an Eye

  • 第6話

    秘密と嘘/Truth Be Told

  • 第7話

    もつれた糸/Questionable Characters

  • 第8話

    サンタの代理人/Loose Lips

  • 第9話

    それぞれの思惑/A Greater Good

  • 第10話

    クリスマスの危機/Hired Guns

  • 第11話

    シュミット参上/Schmidt Happens

  • 第12話

    裏切られた善意/From Whence We Came

  • 第13話

    命の薬/It Girls and Beyond

  • 第14話

    BSE裁判/Til We Meat Again

  • 第15話

    黒い正義/Tortured Souls

  • 第16話

    自由の意味/Let Sales Ring

  • 第17話

    アランの叫び/Death Be Not Proud

出演者

  • アラン・ショア ジェームズ・スペイダー (James Spader)

    法律事務所の優秀な中堅弁護士。法廷では言葉巧みに陪審員や判事を説得する実力の持ち主だが、モラルを無視した問題行動も多く、卑劣な手段を取る事も辞さない。

  • デニー・クレイン ウィリアム・シャトナー (William Shatner)

    法律事務所の代表パートナーで、ボストン法曹界の伝説的人物。名声とは裏腹に問題行動を繰り返すが、法廷では荒唐無稽な弁護で勝利を掴む。セクハラ発言を連発する。

  • シャーリー・シュミット キャンディス・バーゲン (Candice Bergen)

    ニューヨーク支社を仕切っていたが、訴訟部門を立て直すためにボストンへ戻ってきた法律事務所の共同経営者。事務所内で唯一デニーをコントロール出来る人物。

  • ポール・ルイストン ルネ・オーベルジョノワ (Rene Auberjonois)

    法律事務所のシニア・パートナー。デニーの盟友で、率直に苦言を呈する事が出来る数少ない人物だったが、暴走がエスカレートするデニーのコントロールに苦心する。

  • ブラッド・チェイス マーク・バレー (Mark Valley)

    ニューヨーク支社からボストンに移ってきたエリート弁護士。プライドが高く自信家だが、かなり優秀。アランとは初対面からノリが合わず、事あるごとに対立する。

  • ローリー・コルソン モニカ・ポッター (Monica Potter)

    検事から弁護士に転身。民事専門だったが嫌々引き受けた公選弁護をきっかけに社会主義に目覚める。アランのことを煙たがっていたが、好意を持つようになる。

  • タラ・ウィルソン ローナ・ミトラ (Rhona Mitra)

    アランと事務所に移ってきた新人弁護士。アランと親しく、あまのじゃくな性格をよく理解しており仕事でアランの補佐につくことも多く、良くも悪くも影響を受ける。

  • サリー・ヒープ レイク・ベル (Lake Bell)

    法律事務所の新人弁護士。美人で有能だが、弁護士らしからぬ服装が原因で軽く見られがち。アランと付き合っているが、本心を見せようとしないアランに疲弊していく。

  • デニース・バウアー ジュリー・ボウエン

    強気な弁護と計算高さで勝利をモノにする優秀な中堅弁護士。新米弁護士を容赦なく使う鬼上司だが、その性格が災いして夫から突然離婚を突きつけられる。

  • ジェリー・エスペンソン クリスチャン・クレメンソン (Christian Clemenson)

    金融関係問題に詳しい有能な弁護士だが、様々な奇癖を持っているせいで浮いた存在。パートナー昇進争いでブラッドに敗北し暴走するが、アランの弁護で独立する。

スタッフ

プロデューサー
ジェネット・G・クヌートセン Janet G. Knutsen
エグゼクティブ・プロデューサー
ビル・デリア Bill D'Elia
デビッド・E・ケリー David E. Kelley
スコット・カウファー Scott Kaufer
ジェフ・レイク Jeff Rake
監督
ビル・デリア Bill D'Elia
原作
デビッド・E・ケリー David E. Kelley
脚本
デビッド・E・ケリー David E. Kelley
スコット・カウファー Scott Kaufer
音楽
ダニー・ラックス Danny Lux
「ボストン・リーガル」の作品トップへ