海外ドラマ

バトル・クリーク 格差警察署 シーズン1

バトル・クリーク 格差警察署(バトル・クリーク カクサケイサツショ) シーズン1

シーズン紹介

「Dr.HOUSE」のデビッド・ショアと、「ブレイキング・バッド」のビンス・ギリガンがタッグを組み、製作総指揮を務めた新たな刑事ドラマ。正反対の迷コンビが事件を解決していく。映画「トランスフォーマー」、ドラマ「ラスベガス」で知られ、米ピープル誌で“世界でもっとも美しい50人の男”に選ばれた主演のジョシュ・デュアメルの毎週見せる“ミルトスマイル”は、女性視聴者の心を掴んでいる。

エピソード

  • 第1話

    イケメンが街にやって来た/The Battle Creek Way

  • 第2話

    甘い罠/Syruptitious

  • 第3話

    知恵比べ/Man's Best Friend

  • 第4話

    信頼と裏切り/Heirlooms

  • 第5話

    恋の炎/Old Flames

  • 第6話

    狙われた朝食/Cereal Killer

  • 第7話

    母は詐欺師/Mama's Boy

  • 第8話

    癒えない傷/Old Wounds

  • 第9話

    死んだはずの男/Gingerbread Man

  • 第10話

    脱獄の理由/Stockholm

  • 第11話

    揺れ動く心/The Hand-Off

  • 第12話

    栄光と闇/Homecoming

  • 第13話

    明かされる過去/Sympathy for the Devil

出演者

  • ミルトン・チェンバレン(愛称:ミルト) ジョシュ・デュアメル (Josh Duhamel)

    カリスマFBI特別捜査官としてエリート街道を走ってきたが、なぜかバトル・クリーク市警内に設置されたオフィスに派遣され、ラスを自分のパートナーに指名する。

  • ラッセル・アグニュー(愛称:ラス) ディーン・ウィンタース (Dean Winters)

    バトル・クリーク市警のベテラン刑事。地元出身の叩き上げで手荒なやり方も多いが、事件への嗅覚は確か。ミルトとコンビを組むことに。

  • フォンタネル・ホワイト(愛称:フォント) カル・ペン (Kal Penn)

    バトル・クリーク市警の刑事。ミルトがやってくるまでは、ラスの相方的存在として行動。対人関係に適当な面はあるものの、いざとなったら頼れる存在。

  • グゼビッチ ジャネット・マクティア (Janet McTeer)

    バトル・クリーク市警の刑事長。問題児ラスも見事にコントロールし、チームをまとめる頼れるボス。

  • ホリー・デイル オーブリー・ダラー (Aubrey Dollar)

    バトル・クリーク市警の総務担当。柔らかい物腰でチームを和ます存在だが、時に捜査に対して鋭い指摘を投げかける不思議なひらめき力を持っている。

  • アーロン・フンクハウザー エドワード・フォーダム Jr

    バトル・クリーク市警の刑事。おっとりとした性格でどっしり構える頼もしいチームメイト。

  • エリン・ジェイコックス(愛称:E) ライザ・ラピラ (Liza Lapira)

    バトル・クリーク市警の刑事。ラスのおつかい的な要望にも対応する柔軟な性格。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
デビッド・ショア David Shore
ビンス・ギリガン Vince Gilligan
「バトル・クリーク 格差警察署」の作品トップへ