海外ドラマ

ベイツ・モーテル シーズン4

ベイツ・モーテル(ベイツ・モーテル) シーズン4

シーズン紹介

 アルフレッド・ヒッチコック監督の傑作「サイコ(1960)」の前章として、若き日のノーマン・ベイツと母親ノーマ・ベイツのねじれた関係を、舞台を現代に置き換えて描くホラードラマのシーズン4。若き日のノーマン・ベイツに扮するのは、「チャーリーとチョコレート工場」のチャーリー役で知られるフレディ・ハイモア。息子を凶悪殺人犯にしてしまう元凶である母親ノーマ役は、「マイレージ・マイライフ」でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたベラ・ファーミガが演じている。

エピソード

  • 第1話

    A Danger to Himself and Others

  • 第2話

    Goodnight, Mother

  • 第3話

    Til Death Do You Part

  • 第4話

    Lights of Winter

  • 第5話

    Refraction

  • 第6話

    The Vault

  • 第7話

    There's No Place Like Home

  • 第8話

    Unfaithful

  • 第9話

    Forever

  • 第10話

    Norman

出演者

  • ノーマン・ベイツ フレディ・ハイモア (Freddie Highmore)

    自身と愛する母ノーマの人格を併せ持つようになり、異常性がエスカレート。ノーマの人格でいる時に殺人を重ね、自分の真の姿に気付かないままノーマが殺人鬼だと思い込み、反発する。

  • ノーマ・ルイーズ・ベイツ ベラ・ファーミガ (Vera Farmiga)

    気性が荒く支配的な性格だが、心の底から息子ノーマンを愛している。記憶をなくしている間に暴走するノーマンを手に負えないと判断し、施設に入れる決意をする。

  • アレックス・ロメロ保安官 ネスター・カーボネル (Nestor Carbonell)

    ノーマに好意を抱く保安官。口封じのため、会員制クラブの経営者ボブ・パリスを殺害した。

  • ディラン・マセット マックス・シエリオット (Max Thieriot)

    ノーマが実兄ケイレブにレイプされ、産んだ息子。エマの移植手術費を稼ぐため、銃の運び屋の仕事をする。

  • エマ・ディコーディ オリビア・クック (Olivia Cooke)

    モーテルで受付のアルバイトをしていたノーマンの同級生。嚢胞性線維症を患っており、肺移植を受けることになる。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
カールトン・キューズ Carlton Cuse
「ベイツ・モーテル」の作品トップへ