海外ドラマ

ボディ・オブ・プルーフ(ボディオブプルーフ) シーズン1

シーズン紹介

凄腕検死官ミーガン・ハントが優れた洞察力と圧倒的な医学知識で隠された事件の真相に挑むクライム・ミステリー。主人公ミーガンを演じるのは、TV「チャイナ・ビーチ」でエミー賞のドラマ・シリーズ主演女優賞を受賞したダナ・デラニー。リメイク版の映画「ベスト・キッド」の脚本家クリストファー・マーフィが番組を企画し、「ダーティ・セクシー・マネー」のマシュー・グロスが共に製作総指揮を務める。

エピソード

  • 第1話

    Pilot

  • 第2話

    Letting Go

  • 第3話

    Helping Hand

  • 第4話

    Talking Heads

  • 第5話

    Dead Man Walking

  • 第6話

    Society Hill

  • 第7話

    All in the Family

  • 第8話

    Buried Secrets

  • 第9話

    Broken Home

出演者

  • ミーガン・ハント ダナ・デラニー (Dana Delany)

    フィラデルフィア検死局の検死官。優秀な脳神経外科医だったが、交通事故の後遺症で右手がしびれる状態になり、その影響で手術中患者を死なせてしまい転身した。

  • ケイト・マーフィ ジェリ・ライアン

    ミーガンの上司である検視局の局長。フィラデルフィア初の女性検視局長というキャリアを持ち、スマートなだけでなく仕事の出来る美人。法人類学者でもある。

  • トミー・サリバン マーク・バレー (Mark Valley)

    転身して市警を去ったバドとサムの代わりに配属された殺人課刑事。ニューヨークでの20年に渡る勤務の後、フィラデルフィアに着任。昔、ミーガンと交際していた。

  • アダム・ルーカス エリス・ガベル (Elyes Gabel)

    トミーと共に配属された殺人課刑事。おしゃべり好きな気さくな男で、ミーガンとトミーの関係に興味を抱いている。

  • イーサン・グロス ジェフリー・エアンド (Geoffrey Arend)

    検死局の法医病理学フェロー。検死局で最も若いメンバーで研究熱心であり、自身の経験不足に悩み、アドバイスを求めるためにミーガンにつきまとうことが多い。

  • カーティス・ブラムフィールド ウィンデル・ミドルブルックス

    検死局の副局長で、予算管理を担当。コストのかかる検査を次々とオーダーしてくるミーガンを目の敵にしているが、実力は認めている。部下に呼び捨てにされるのが悩み。

  • ピーター・ダンロップ ニコラス・ビショップ

    検死局の医療捜査官。ミーガンの同僚で頼れる相棒。かつては警察官だったが、強盗事件の捜査中に肩に被弾し転身。ミーガンとは仕事のパートナー以上の関係。

  • バド・モリス ジョン・キャロル・リンチ (John Carroll Lynch)

    検死局と連携することの多い殺人課の刑事。頑固な性格で、何かと捜査に割り込もうとするミーガンに反発していたが、次第に実力を認める。

  • サマンサ“サム”・ベイカー ソーニャ・ソーン (Sonja Sohn)

    殺人警察課の女性刑事で、バドの相棒。エネルギッシュかつ行動的な性格であると同時にスマートなタイプ。知的で前向きなミーガンを心から尊敬している。

スタッフ

エグゼクティブ・プロデューサー
クリストファー・マーフィ Christopher Murphy
マット・グロス Matt Gross
監督
ネルソン・マコーミック Nelson McCormick
脚本
クリストファー・マーフィ Christopher Murphy
「ボディ・オブ・プルーフ」の作品トップへ