海外ドラマ

ボードウォーク・エンパイア シーズン3

ボードウォーク・エンパイア(ボードウォークエンパイア) シーズン3

シーズン紹介

製作総指揮マーティン・スコセッシ。1920年代の禁酒法時代を描いた全米大絶賛のダークヒストリードラマの第3弾。

エピソード

  • 第1話

    ニューイヤーズ・イブ/Resolution

  • 第2話

    ボトルネック/Spaghetti & Coffee

  • 第3話

    孤独/Bone for Tuna

  • 第4話

    強い男/Blue Bell Boy

  • 第5話

    サプライズ/You'd Be Surprised

  • 第6話

    彼女たちの決断/Ging Gang Goolie

  • 第7話

    復活祭/Sunday Best

  • 第8話

    怒りの矛先/The Pony

  • 第9話

    眩暈/The Milkmaid's Lo

  • 第10話

    それぞれの計画/A Man, A Plan...

  • 第11話

    最後の砦/Two Impostors

  • 第12話

    欲望の街/Margate Sands

出演者

  • イーノック・“ナッキー”・トンプソン スティーブ・ブシェーミ (Steve Buscemi)

    郡の収入役。アトランティック・シティを裏で牛耳るが、対抗勢力に追い詰められ苦しい立場になる。選挙違反裁判でマーガレットに証言させずに済むよう、妻として迎え入れる。

  • マーガレット・シュローダー ケリー・マクドナルド (Kelly MacDonald)

    アイルランドからの移民。2人の子どもと共に夫からの暴力に虐げられていたが、ナッキーに助けられて愛人になり、結婚する。ジミーを殺害したのはナッキーだと知り、腹いせに土地を教会に寄付する。

  • ネルソン・バン・オルデン マイケル・シャノン (Michael Shannon)

    元国税庁の禁酒法取締官だが、殺人容疑で指名手配される。ナッキーの元愛人ルーシーとの間に生まれた娘の子守との逃亡生活中に夫婦となり、アイロンの訪問販売をしながら新たな生活を送る。

  • イライアス・“イーライ”・トンプソン シェー・ウィガム (Shea Whigham)

    街の元保安官でナッキーの弟。兄に競争心を抱き離反し、後に和解を求めるも許されなかった。ナッキー暗殺計画にも失敗し、ハンス・シュローダー殺害容疑で逮捕される。

  • アーノルド・ロススタイン マイケル・スタールバーグ (Michael Stuhlbarg)

    ニューヨークに拠点を置くギャング。語り口は穏やかだが、策略家で勝負師。ナッキーの商売相手。

  • アル・カポネ スティーブン・グレアム (Stephen Graham)

    若くて怒りっぽく衝動的だが、家族や仲間思いの一面がある。シカゴのギャング、ジョニー・トーリオのもとで仕事を学ぶ。

  • チャールズ・“ラッキー”・ルチアーノ ビンセント・ピアッツァ (Vincent Piazza)

    悪賢く冷酷な野心家。ニューヨークでロススタインの元で働く傍ら、盟友のランスキーとともにヘロイン・ビジネスを手がけたり、ジリアンと娼館を運営したりと精力的に活動している。

  • チョーキー・ホワイト マイケル・ケネス・ウィリアムズ (Michael Kenneth Williams)

    アトランティック・シティの黒人社会の実質的頭。ナッキーのために密造酒ビジネスを動かしている。KKKに倉庫を襲撃され団員の1人を射殺するが、殺人罪に問われずに済む。

  • ミッキー・ドイル ポール・スパークス (Paul Sparks)

    密造酒を作っているアトランティック・シティの小者ギャング。ルチアーノ、カポネらに蔑ろにされ、バン・オルデンと組もうとするが断られる。

  • リチャード・ハロー ジャック・ヒューストン (Jack Huston)

    第一次世界大戦で負傷した顔半分をマスクで隠す退役軍人。亡きジミーの友人で、ジリアンの高級娼館の管理人となる。

  • オーウェン・スレイター チャーリー・コックス (Charlie Cox)

    アイルランドの独立戦争を続けるシン・フェイン党の幹部マッギャリグルの部下だったが、ジミーの後釜としてナッキーの運転手兼用心棒として雇われる。

  • ジップ・ロゼッティ ボビー・カナベイル (Bobby Cannavale)

    ニューヨークのマッセリアの下で働くイタリア系ギャング。一方的に取引を打ち切ったナッキーに敵対心を抱く。

  • ジリアン・ダーモディ グレッチェン・モル (Gretchen Mol)

    元ショーガールで、ナッキーの子分だったジミーの母親。ナッキーとは長い付き合いで複雑な事情がある。亡き提督の豪邸を高級娼館に改装し、マダムの座のおさまる。

  • ビリー・ケント メグ・チェンバース・スティードル

    コーラスガールでナッキーの新しい愛人。独立心が強く、楽しむことが大好き。ナッキーを振り回す小悪魔的な女性。

  • ガストン・ミーンズ ステファン・ルート

    司法省の特別捜査官。ナッキーに顧問料を要求するスキャンダルまみれの司法長官、ドーアティの集金係。

  • エスター・ランドルフ ジュリアンヌ・ニコルソン

    国税庁側の弁護人。バン・オルデンから引き継いだ資料などをもとにナッキーを追い詰めるが、予備審問の直後に有罪を立証できなくなり、訴えを取り下げる。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
マーティン・スコセッシ Martin Scorsese
テレンス・ウィンター Terence Winter
ティモシー・バン・パタン Timothy Van Patten
マーク・ウォールバーグ Mark Wahlberg
テレンス・ウィンター Terence Winter
監督
ティモシー・バン・パタン Timothy Van Patten
脚本
テレンス・ウィンター Terence Winter
ネルソン・ジョンソン Nelson Johnson
「ボードウォーク・エンパイア」の作品トップへ