海外ドラマ

アメリカン・ホラー・ストーリー ホテル

アメリカン・ホラー・ストーリー(アメリカンホラーストーリー) ホテル

シーズン紹介

これまでに、革新的な作品を世に送り続けてきたライアン・マーフィが制作総指揮を手がける大ヒットスタイリッシュ・ホラーで、ストーリー設定がシーズンごとに変わる「アメリカン・ホラー・ストーリー」の第5弾。今シーズンは、1920年代に建てられた“ホテル・コルテズ”を舞台に物語が展開され、主人公の伯爵夫人を演じたレディー・ガガは、この役でゴールデングローブ賞ドラマ部門の女優賞を受賞した。共演者には、「ホワイト・カラー」のマット・ボーマー、第3弾の「魔女団」以来、シリーズの顔となったベテラン女優キャシー・ベイツ、アンジェラ・バセットのほか、スーパーモデルのナオミ・キャンベルなど多彩な面々が揃っている。

制作年:2015
チャンネル:FX

エピソード

  • 第1話

    チェックイン/Checking In

  • 第2話

    血塗られた歴史/Chutes and Ladders

  • 第3話

    ゆがんだ愛/Mommy

  • 第4話

    畏悪魔の夜/Devil's Night

  • 第5話

    ルームサービス/Room Service

  • 第6話

    33号室/Room 33

  • 第7話

    銀幕の影/Flicker

  • 第8話

    十戒殺人/The Ten Commandments Killer

  • 第9話

    復讐に乾杯/She Wants Revenge

  • 第10話

    愛の呪縛/She Gets Revenge

  • 第11話

    汝 殺すなかれ/Battle Royale

  • 第12話

    幽霊たちの城/Be Our Guest

出演者

  • 伯爵夫人 レディー・ガガ (Lady Gaga)

    ホテル・コルテズの住人。ホテルの主的存在で、ペントハウスに暮らす。人の血とセックスで不老不死を保つ吸血女。

  • ドノバン マット・ボーマー

    ホテル・コルテズの住人で伯爵夫人の恋人。かつては薬物に溺れていた。受付で働く母アイリスに強い反発心を持っている。

  • アイリス キャシー・ベイツ (Kathy Bates)

    ホテル・コルテズの受付係でドノバンの母。薬物依存の息子を心配し、ホテルに居座るはめになる。伯爵夫人の顔色を伺いながら仕事に従事する一方、ドノバンを常に気に掛ける。

  • ジョン・ロウ ウェス・ベントリー (Wes Bentley)

    ロス市警殺人課の刑事。聖書の十戒をもとにした連続殺人事件の捜査をきっかけに、ホテル・コルテズの64号室へと導かれる。

  • アレックス・ロウ クロエ・セビニー (Chloe Sevigny)

    ジョンの妻で医師。息子ホールデンと娘スカラーの母だったが、ホールデンを亡くしてからは精神的に不安定になる。

  • サリー サラ・ポールソン (Sarah Paulson)

    ホテルの住人。薬物中毒の上に、男性にも強く固執する。ホテルにやってきた男性をいつも物色しており、ジョンにも興味を持つ。

  • リズ・テイラー デニス・オヘア (Denis O'Hare)

    ホテルのバーテンダー。スキンヘッドに派手なメイクとドレスが特徴的な男性で、心は女性。ホテルの滞在歴が長く、伯爵夫人からも一目置かれている。

  • ミスター・マーチ エバン・ピーターズ (Evan Peters)

    ホテルの創業者。世界恐慌の時代に景気回復を見込んでホテル建設を行ったやり手の実業家だった。既に死んでいるが、ふとした時にホテル内に現れる。

  • ラモーナ・ロワイヤル アンジェラ・バセット (Angela Bassett)

    突然ドノバンの前に現れた謎の女性。

  • トリステン・ダッフィー フィン・ウィットロック (Finn Wittrock)

    新オーナーのドレイクのファッションショーでホテルにやって来たモデル。向こう見ずで横柄な振る舞いを繰り返し、モデルをクビになるが、ある理由から伯爵夫人に気に入られる。

  • ウィル・ドレイク シャイアン・ジャクソン (Cheyenne Jackson)

    ホテル・コルテズの新オーナー。有名なデザイナーで、ホテルにインスピレーションを得たことで、購入を決意する。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
ライアン・マーフィ Ryan Murphy
「アメリカン・ホラー・ストーリー」の作品トップへ