海外ドラマ

アメリカン・ホラー・ストーリー(アメリカンホラーストーリー) 精神科病棟

シーズン紹介

「Glee」の製作総指揮を務めたライアン・マーフィーが手がける、頭をかき乱されるようなスタイリッシュホラー。前シーズンとは時代・人物の設定がガラリと変わり、同じキャストがまったく別の人物として登場。1960年代のアメリカ南部を舞台に、カトリック教会が運営するおぞましい精神科病棟の表と裏を描く。当時のアメリカで実際に起こった事件などをもとに、人種差別や、同性愛に対する偏見を見事にあぶり出している。オスカー女優、ジェシカ・ラングが前シリーズに続き出演を果たし、エミー賞、ゴールデングローブ賞で助演女優賞を受賞した。

エピソード

  • 第1話

    ブライヤークリフ/Welcome to Briarcliff

  • 第2話

    悪魔払い/Tricks and Treats

  • 第3話

    嵐の夜/Nor'easter

  • 第4話

    私の名はアンネ・フランク 前編/I Am Anne Frank(Part 1)

  • 第5話

    私の名はアンネ・フランク 後編/I Am Anne Frank(Part 2)

  • 第6話

    悪の起源/The Origins of Monstrosity

  • 第7話

    黒い翼/Dark Cousin

  • 第8話

    クリスマスの悪夢/Unholy Night

  • 第9話

    妊娠/The Coat Hanger

  • 第10話

    ネーム・ゲーム/The Name Game

  • 第11話

    母のぬくもり/Spilt Milk

  • 第12話

    生かされる理由/Continuum

  • 第13話

    狂気の終焉/Madness Ends

出演者

  • オリバー・スレッドソン医師 ザッカリー・クイント (Zachary Quinto)

    殺人容疑をかけられた“ブラッディー・フェイス”の精神鑑定を行うため、ブライヤークリフ精神科病棟に裁判所から派遣された精神分析医。正義感が強く、現代的かつ人道的な方法で患者に接する。

  • ティモシー・ハワード神父 ジョセフ・ファインズ (Joseph Fiennes)

    ブライヤークリフ精神科病棟の神父。病棟を利用し、さらなる高職に任命される野望を抱くが、病棟の実質的な管理はシスター・ジュードに任せている。アーデン医師の過去の秘密を握る。

  • シスター・ジュード ジェシカ・ラング (Jessica Lange)

    ブライヤークリフ精神科病棟の神父。病棟を利用し、さらなる高職に任命される野望を抱くが、病棟の実質的な管理はシスター・ジュードに任せている。アーデン医師の過去の秘密を握る。

  • キット・ウォーカー エバン・ピーターズ (Evan Peters)

    田舎のガソリンスタンドを営む青年。黒人女性と恋に落ち、秘密裏に結婚。その後、行方不明になった妻の死体が見つかり、“ブラッディー・フェイス”として無実の罪を着せられ、精神科病棟に送られる。

  • ラナ・ウィンターズ サラ・ポールソン (Sarah Paulson)

    ブライヤークリフ精神科病棟の取材を試みる熱血新聞記者。“ブラッディー・フェイス”の記事を書くため施設に乗り込むが、秘密を知りすぎたため患者として捕えられてしまう。同性愛者。

  • アーサー・アーデン ジェームズ・クロムウェル (James Cromwell)

    ブライヤークリフ精神科病棟の専属医師で、シスター・ジュードとは犬猿の仲。とにかく謎が多く、施設内の患者を利用し、人体実験を繰り返す。

  • シスター・マリー・ユニス リリー・レイブ

    ブライヤークリフ精神科病棟で、シスター・ジュードのもとで働く修道女。アーデン医師の実験の手伝いをさせられることもあり、さまざまなトラブルに巻き込まれる。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
ライアン・マーフィ Ryan Murphy
ブラッド・ファルチャック Brad Falchuk
ダンテ・ディ・ロレート Dante Di Loreto
監督
ブラッドリー・ビューカー Bradley Buecker
アルフォンソ・ゴメス=レホン Alfonso Gomez-Rejon
デビッド・セメル David Semel
脚本
ライアン・マーフィ Ryan Murphy
ブラッド・ファルチャック Brad Falchuk
「アメリカン・ホラー・ストーリー」の作品トップへ

他のユーザーは「アメリカン・ホラー・ストーリー」以外にこんな作品をCheck-inしています。