海外ドラマ

NYボンビー・ガール シーズン3

NYボンビー・ガール(ニューヨークボンビー・ガール) シーズン3

シーズン紹介

「セックス・アンド・ザ・シティ」の脚本家マイケル・パトリック・キングがプロデュースを手掛けた、ニューヨーク在住の金欠女子コンビがカップケーキ屋で成功をおさめることを目指して奮闘するサクセス・ストーリー。2012年のピープルズ・チョイス・アワードでは“好きな新作テレビコメディ”賞に輝き、さらに2014年には、その年に新設された“好きなギャル・パル(女友達)賞にノミネートされた。

エピソード

  • 第1話

    And the Soft Opening

  • 第2話

    And the Kickstarter

  • 第3話

    And the Kitty Kitty Spank Spank

  • 第4話

    And the Group Head

  • 第5話

    And the Cronuts

  • 第6話

    And the Piece of Sheet

  • 第7話

    And the Girlfriend Experience

  • 第8話

    And the 'It' Hole

  • 第9話

    And the Pastry Porn

  • 第10話

    And the First Day of School

  • 第11話

    And the Life After Death

  • 第12話

    And the French Kiss

  • 第13話

    And the Big But

  • 第14話

    And the Dumpster Sex

  • 第15話

    And the Icing on the Cake

  • 第16話

    And the ATM

  • 第17話

    And the Married Man Sleepover

  • 第18話

    And the Near Death Experience

  • 第19話

    And the Kilt Trip

  • 第20話

    And the Not Broke Parents

  • 第21話

    And the Wedding Cake Cake Cake

  • 第22話

    And the New Lease on Life

  • 第23話

    And the Free Money

  • 第24話

    And the First Degree

出演者

  • マックス・ブラック カット・デニングス (Kat Dennings)

    生まれも育ちも貧乏だが、バイタリティ溢れるウェイトレス。ブルックリンのダイナーで働き、バイトにやってきたキャロラインと出会う。勝気な性格。

  • キャロライン・チャニング ベス・ベアーズ (Beth Behrs)

    マンハッタン出身のお嬢様だったが、父親の逮捕により全てを失い、マックスのいるダイナーで働く。

  • ハン・リー マシュー・モイ

    マックス達が働くダイナーのオーナー。人当たりは良いが、いつもマックスに押され気味で常にからかわれている。

  • アール ギャレット・モリス

    マックス達が働くダイナーのレジ係。75歳の陽気なおじいちゃん。

  • オレグ ジョナサン・カイト

    マックス達が働くダイナーのロシア人シェフ。いつも下ネタを言うため、煙たがられている。マックスとキャロラインの隣人ソフィーとつきあうが破局。

  • ソフィ― ジェニファー・クーリッジ (Jennifer Coolidge)

    マックスとキャロラインのアパートの上階に住む隣人。清掃業のビジネスに成功したリッチでしたたかなポーランド人。オレグと交際するが、破局。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
マイケル・パトリック・キング Michael Patrick King
ホイットニー・カミングス
「NYボンビー・ガール」の作品トップへ