海外ドラマ

13の理由 シーズン2

13の理由 シーズン2

シーズン紹介

セレーナ・ゴメスが制作総指揮を務め、同名ヤングアダルト小説をNetflixがドラマ化。ある日、クレイのもとに謎の自殺を遂げた同級生のハンナから7本のカセットテープが届く。そこには生前のハンナの肉声が収録されており、自殺するに至った“13の理由”が語られていた。新人女優のキャサリン・ラングフォードが自殺したハンナを演じ、「プリズン・ブレイク」でマイケル・スコフィールドの子ども時代を演じたことで知られるディラン・ミネット、ケイト・ウォルシュらが共演。監督を務めたのは、「スポットライト 世紀のスクープ」「扉をたたく人」のトム・マッカーシー。

制作年:2018
チャンネル:NETFLIX

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
ブライアン・ヨーキー Brian Yorkey
監督
トム・マッカーシー Tom McCarthy
「13の理由」の作品トップへ