海外ドラマ

12モンキーズ シーズン1

シーズン紹介

SF映画の常識を破壊し、全世界に衝撃を与えた映画「12モンキーズ」を「HEROES/ヒーローズ」「NIKITA/ニキータ」を手がけた面々がタッグを組み、テレビシリーズ化。主演のコールを「NIKITA/ニキータ」のバーコフ役で知られるアーロン・スタンフォードが演じ、映画版よりも深く、スピード感溢れる世界観を映し出している。映画でブラッド・ピットが演じた役は女性に変わり、「コズモポリス」のエミリー・ハンプシャーが強烈な存在感で演じている。

制作年:2015
チャンネル:syfy

エピソード

  • 第1話

    世界の運命を握る男/Pilot

  • 第2話

    忍び寄る影/Mentally Divergent

  • 第3話

    逃げた男/Cassandra Complex

  • 第4話

    アタリ/Atari

  • 第5話

    ナイトルーム/The Night Room

  • 第6話

    もうひとつの未来/The Red Forest

  • 第7話

    トロイ作戦/The Keys

  • 第8話

    スピアヘッド/Yesterday

  • 第9話

    明日を信じて/Tomorrow

  • 第10話

    守るべきもの/Divine Move

  • 第11話

    明かされる真実/Shonin

  • 第12話

    パラドックス/Paradox

  • 第13話

    運命/Arms of Mine

出演者

  • ジェームズ・コール アーロン・スタンフォード (Aaron Stanford)

    絶滅寸前の2043年の世界で生きる主人公。ウィルスの発生を阻止し、地球を救うため、そして自らの贖罪を求めて、過去を修正するためにタイムスリップする。

  • カサンドラ・ライリー アマンダ・シュル (Amanda Schull)

    頭脳明晰なウィルス学者。コールの任務に巻き込まれ、彼を未来から過去へ送り込んだのが自分の残したメッセージだと知り、人類を救う任務に強い意志で全力を注ぐ。

  • ジェニファー・ゴインズ エミリー・ハンプシャー (Emily Hampshire)

    70億人を死滅させたウィルスを開発した犯人と疑われる者で、精神不安定な天才数学者。精神病院に入れられており、“12モンキーズ”の鍵を握る唯一の存在。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
ナタリー・チャイデズ Natalie Chaidez
脚本
テリー・マタラス Terry Matalas
トラビス・フィケット Travis Fickett
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「12モンキーズ」の作品トップへ