「マンダロリアン」シーズン2に人気キャラクターのアソーカ・タノが登場!

2020年3月24日

テレビアニメでのアソーカ・タノ
テレビアニメでのアソーカ・タノ
Everett Collection/amanaimages

 「スター・ウォーズ」シリーズ初の実写ドラマとして大好評のうちに第1シーズンを終えた「マンダロリアン」のシーズン2に、長編アニメ「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」やテレビアニメ「スター・ウォーズ 反逆者たち」でおなじみの人気キャラクター、アソーカ・タノが登場することが明らかになった。米Colliderが伝えている。

 アソーカ・タノは、ドゥークー伯爵率いる分離主義勢力とジェダイが属する共和国との間に勃発したクローン戦争を描いた長編CGアニメ「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」でスクリーンに初登場した、かつてアナキン・スカイウォーカーのパダワン(弟子)だったジェダイの騎士。師アナキンがダークサイドに堕ち、暗黒卿ダース・ベイダーへと変身を遂げたのを機に、葛藤に満ちた複雑な旅路を強いられることになる、という興味深いキャラクターだ。

 ジョン・ファブロー脚本・制作総指揮のもと、米ディズニーのストリーミングサービスDisney+向けに制作された「マンダロリアン」は、映画「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」から約5年後、銀河帝国が崩壊し、ファースト・オーダーが誕生する以前の時代を舞台に、ボバ・フェットの故郷である惑星マンダロリアで賞金稼ぎとして暮らす孤高のガンマンの葛藤を描く。

 実写作品で姿を見せるのはこれが初となるアソーカ・タノを演じるのは、「シン・シティ」や「トランス」といった話題作で知られるロザリオ・ドーソン。テレビアニメ「スター・ウォーズ 反乱者たち」からさらに時を経て、アソーカがどんなキャラクターへと変貌を遂げているのか、ファンならずとも期待が高まる。

 「マンダロリアン」シーズン2は、Disney+で2020年10月から配信スタート。日本では現在、ディズニー公式エンタテインメントサービス「Disney DELUXE」でシーズン1が配信中だ。