ドラマ版「アメリカン・ジゴロ」に「ウォーキング・デッド」俳優ジョン・バーンサルが主演

2020年3月12日

ジョン・バーンサル
ジョン・バーンサル
Photo by Frazer Harrison/Getty Images

 「フォードvsフェラーリ」「フューリー」「ウォーキング・デッド」などで知られる俳優ジョン・バーンサルが、映画「アメリカン・ジゴロ」をドラマ化する米Showtimeの新作に主演することがわかった。

 リチャード・ギアローレン・ハットン主演の1980年の映画「アメリカン・ジゴロ」(ポール・シュレイダー監督・脚本)は、若い肉体と洗練されたマナーを武器に上流階級の女性たちを相手にするジゴロの、華やかさの裏にひそむ満たされない心を描いたサスペンス。ジゴロのジュリアン役を演じたギアの出世作であり、劇中でギアの衣装を担当したジョルジオ・アルマーニもこれをきっかけに世界的なデザイナーとなった。

 映画をプロデュースしたジェリー・ブラッカイマーと米パラマウント・テレビジョンが2014年からテレビシリーズ化に向けて準備を始め、16年に「ウィッカーマン」のニール・ラビュートが脚本家として起用されてから、何度も変更が重ねられてきた。

 米バラエティによれば、新作「アメリカン・ジゴロ」は、Showtimeで放送のドラマ「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」のデビッド・ホランダーが監督・脚本・ショーランナーを務める。殺人罪で18年服役後に釈放されたジュリアン(バーンサル)が、現代のロサンゼルスの性風俗界になんとか身を置きつつ、自分を犯人に仕立てた策略の真相を探り、かつて唯一心から愛したミシェルとの再会を望む、というストーリーのようだ。ブラッカイマー、ホランダーが制作総指揮を務め、バーンサルはプロデューサーを兼ねる。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com