「キリング・イヴ Killing Eve」シーズン4へ継続決定

2020年1月9日

シーズン3放送前にも関わらずシーズン4を発注!
シーズン3放送前にも関わらずシーズン4を発注!
(C) Sid Gentle Films

 人気サスペンスドラマ「キリング・イヴ Killing Eve」がシーズン4へ継続されることが決定したと、米ハリウッド・レポーターが報じている。

 同作は、イギリスの小説家ルーク・ジェニングスによる「ヴィネラル」シリーズを原作にしたスパイドラマ。イギリスの諜報機関の冴えない女性エージェントのイヴ(サンドラ・オー)と、美しき暗殺者ヴィネラル(ジョディ・カマー)が攻防を繰り広げるうちにひかれ合っていくというストーリーだ。

 2018年に「キリング・イヴ Killing Eve」シーズン1が英BBCスタジオと米AMCネットワークスを親会社に持つ米ケーブルチャンネルBBC Americaで放送された際、平均視聴者数は96万人だったが、シーズン2では180万人に増加。BBC Americaはこの結果を受け、現在制作中のシーズン3の来春放送開始を待たずに、シーズン4を発注することになった。

 なお、同作の企画・制作総指揮は「Fleabag フリーバッグ」のフィービー・ウォーラー=ブリッジで、ダニエル・クレイグが「キリング・イヴ Killing Eve」のファンであったことから、ウォーラー=ブリッジは「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」の脚本に参加することになった。

 ウォーラー=ブリッジは、シーズン1をもって脚本家チームを率いるショーランナーを卒業。シーズン2はエメラルド・フェネル、シーズン3はスザンヌ・ヒースコート(「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」)が引き継いでいる。シーズン4のショーランナーは発表されていないが、これまで通り女性脚本家が担当することになりそうだ。

 「キリング・イヴ Killing Eve」の制作はSid Gentle Filmsが手掛け、Endeavor Contentが出資・配給をしている。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com