ゴールデングローブ賞テレビ部門特別功労賞にエレン・デジェネレス

2019年11月12日

エレン・デジェネレス
エレン・デジェネレス
Photo by Gregg DeGuire/FilmMagic/Getty Images

 映画とテレビドラマの祭典として知られるゴールデングローブ賞の特別功労賞にあたるキャロル・バーネット賞が、エレン・デジェネレスに授与されることが明らかになった。

 同賞は、ますます興隆するテレビ界の功労者を讃えるため、2019年の第76回ゴールデングローブ賞から新設された特別功労賞。初代受賞者には、自身の名を冠したバラエティ番組「ザ・キャロル・バーネット・ショー」で知られるコメディエンヌのキャロル・バーネットが選ばれ、同賞の名称も「キャロル・バーネット賞」となった。

 このほど、ゴールデングローブ賞を主催するハリウッド外国人記者協会は、第77回のキャロル・バーネット賞をエレン・デジェネレスに授与すると発表。ピクサー映画「ファインディング・ニモ」のドリーの声でも知られるデジェネレスは、スタンダップコメディアンとしてキャリアをスタート。自らの名を冠したシチュエーションコメディ「Ellen(原題)」(1994~98)でブレイクを果たした後、03年にトーク番組「エレンの部屋」をスタートし、昼の顔となる。97年にレズビアンであることをカミングアウトして以来、LBGTQを擁護しているほか、慈善家としても知られている。16年には、アメリカの民間人に授与される最高位の勲章である大統領自由勲章を受章した。

 なお、ゴールデングローブ賞映画部門の功労賞であるセシル・B・デミル賞は、トム・ハンクスに授与されることが発表されている。同賞はこれまで、フレッド・アステア(61)やグレゴリー・ペック(69)、デンゼル・ワシントン(16)、メリル・ストリープ(17)らが受賞している。

 第77回ゴールデングローブ賞授賞式は、20年1月5日(現地時間)、米ロサンゼルスのビバリーヒルトン・ホテルで行われる。

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 【ヒーローの日】ロバート・パティンソンが語る、新作の“バットスーツ” 弾痕がありボロボロ、その意図は?

    1

    【ヒーローの日】ロバート・パティンソンが語る、新作の“バットスーツ” 弾痕がありボロボロ、その意図は?

    2022年1月16日 11:00
  2. 【「のだめカンタービレ」連載開始20周年記念】日本映画専門チャンネルで映画&ドラマ版を一挙放送

    2

    【「のだめカンタービレ」連載開始20周年記念】日本映画専門チャンネルで映画&ドラマ版を一挙放送

    2022年1月16日 12:00
  3. 緒方恵美、「劇場版 呪術廻戦 0」で対峙した“ポンコツで優しい主人公”乙骨憂太

    3

    緒方恵美、「劇場版 呪術廻戦 0」で対峙した“ポンコツで優しい主人公”乙骨憂太

    2022年1月16日 18:00
  4. 長澤まさみ&瀬戸康史が語る、「全てのキャラクターに愛情を注ぐ」古沢良太脚本の魅力

    4

    長澤まさみ&瀬戸康史が語る、「全てのキャラクターに愛情を注ぐ」古沢良太脚本の魅力

    2022年1月16日 15:00
  5. 【「ライダーズ・オブ・ジャスティス」評論】シリアスなストーリーなのにほっこり。おかしな理系オタクたちが作品の鍵

    5

    【「ライダーズ・オブ・ジャスティス」評論】シリアスなストーリーなのにほっこり。おかしな理系オタクたちが作品の鍵

    2022年1月16日 09:00

今週