実写ドラマ版「ウォッチメン」がアメリカで好発進

2019年11月11日

150万人が視聴!
150万人が視聴!
(C) 2008 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved. WATCHMEN and all related characters and elements are trademarks of and (C) DC Comics. Smiley Face Logo: Smileyworld, Ltd.

 ドラマ版「ウォッチメン」がアメリカで放映され、好スタートをきったと米The Wrapが報じている。

 同作はアラン・ムーア原作、デイブ・ギボンス作画によるグラフィックノベルの金字塔「ウォッチメン」を、「LOST」や「LEFTOVERS 残された世界」などの人気ドラマで企画・制作総指揮を手がけたデイモン・リンデロフが映像化した注目作。今回のテレビドラマ版は、かつてザック・スナイダー監督が手がけた映画版のように原作をなぞるのではなく、新たな角度から描く「リミックス」であるとリンデロフは説明していた。

 米有料チャンネルのHBOで10月20日(現地時間)に初回放送が行われ、80万人がリアルタイム視聴した。さらに、HBO GoやHBO Nowを通じたストリーミング配信を通じての視聴を合わせると、150万人が視聴したことになるという。初回放送のストリーミング視聴回数は、同局の人気ドラマ「ウエストワールド」の初回放送以来の記録だという。

 HBOは、看板番組の「ゲーム・オブ・スローンズ」が8シーズンにわたる放送を5月に終えてしまっただけに、「ウォッチメン」の好発進は嬉しいニュースといえそうだ。

 なお、「ウォッチメン」には英名優ジェレミー・アイアンズをはじめドン・ジョンソン(「マイアミ・バイス」)、レジーナ・キング(「ビール・ストリートの恋人たち」)、ティム・ブレイク・ネルソン(「オー・ブラザー!」)、ルイス・ゴセット・ジュニア(「愛と青春の旅立ち」)といったベテラン俳優陣が出演している。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com