DCコミック原作「グリーン・ランタン」が実写ドラマ化

2019年11月6日

映画「グリーン・ランタン」にはライアン・レイノルズが主演
映画「グリーン・ランタン」にはライアン・レイノルズが主演
(C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. TM&(C)DC COMICS.

 ワーナーメディアの新ストリーミングサービス「HBO Max」向けに、DCコミック原作の実写ドラマが2本制作されることが明らかになった。

 10月29日(現地時間)、投資家向けに行われたHBO Maxのプレゼンテーションに、「ARROW アロー」や「SUPERGIRL スーパーガール」などDCコミック原作ドラマを多数手がける人気プロデューサー、グレッグ・バーランティが登壇。HBO Maxのオリジナルコンテンツとして、「グリーン・ランタン(仮題)」と、アンソロジーシリーズ「Strange Adventures(原題)」を制作すると発表した。

 「グリーン・ランタン(仮題)」は、宇宙警察機構に所属するヒーローを題材にした実写ドラマで、2011年にライアン・レイノルズ主演で映画化されている。「Strange Adventures(原題)」は、スーパーヒーローが存在する世界を舞台にした1話完結型のアンソロジードラマで、「GOTHAM ゴッサム」のジョン・スティーブンスがショーランナーとして脚本家チームを率いる。

 いずれもバーランティ・プロダクションとワーナー・ブラザース・テレビジョンが制作。2社はThe CW向けにDCコミック原作の実写ドラマを8本、ストリーミングサービスのDC Universe向けに実写ドラマを2本制作中である。

 HBO Maxは、2020年5月にアメリカでサービス開始予定。