ハビエル・バルデム主演ドラマ、ディエゴ・ルナ&ガエル・ガルシア・ベルナルが制作総指揮

2019年10月7日

ディエゴ・ルナ(右)とガエル・ガルシア・ベルナル
ディエゴ・ルナ(右)とガエル・ガルシア・ベルナル
Photo by David M. Benett/Dave Benett/WireImage/Getty Images
Charriau/WireImage /Getty Images

 「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」の俳優ディエゴ・ルナと、「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」の俳優ガエル・ガルシア・ベルナルが、米アマゾンのミニシリーズ「Cortes and Moctezuma Project(仮題)」で制作総指揮を務めることがわかった。

 アマゾンとスティーブン・スピルバーグ率いるアンブリン・テレビジョンが制作、オスカー俳優のハビエル・バルデムが主演する本作は、16世紀初頭にアステカ帝国を征服したスペイン人探検者エルナン・コルテス(バルデム)とアステカ帝国のモンテスマ王を描く計4時間のミニシリーズ。「彷徨える河」のシーロ・ゲーラと「夏の鳥」のクリスティーナ・ガジェゴが、全4話の監督を務める。米Deadlineによれば、スペイン語で制作される過去最大規模の作品になるようだ。

 「ローマの休日」のダルトン・トランボが執筆した脚本を、「シンドラーのリスト」「ギャング・オブ・ニューヨーク」のスティーブン・ザイリアンがリライト。「パンズ・ラビリンス」でオスカーを受賞したエウヘニオ・カバレロが美術を手がけ、「ROMA ローマ」のアンナ・テラサスが衣装を担当する。バルデム、ザイリアン、グラント・ヒルも制作総指揮を務める。