ヘイリー・スタインフェルドが次世代の「ホークアイ」に Disney+の単独ドラマに主演

2019年9月10日

ヘイリー・スタインフェルド
ヘイリー・スタインフェルド

 「アベンジャーズ」シリーズのホークアイを主人公にした単独ドラマに、ヘイリー・スタインフェルドが主演すると、米バラエティが報じた。

 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)で、これまでジェレミー・レナーが演じてきた人気キャラクター、弓の達人ホークアイことクリント・バートンは、「マイティ・ソー」から「アベンジャーズ」「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ エンドゲーム」まで登場した。

 米ディズニーのストリーミングサービス「Disney+」で配信される単独ドラマ版は、ホークアイの称号がクリント・バートン(レナー)から女性キャラクターのケイト・ビショップに引き継がれるプロセスを描くという。このケイト役をスタインフェルドが演じるようだ。原作コミックによれば、ケイトは弓の達人で、ヤング・アベンジャーズと呼ばれるグループの一員という設定。ドラマは全6~8話で完結するミニシリーズとして制作され、「マッドメン」のクリエイターであるジョナサン・イグラが脚本、制作総指揮を務める。

 スタインフェルドは本作のほかに、「アップルTV+」の新ドラマシリーズ「Dickinson(原題)」に主演。同作では、19世紀の詩人エミリー・ディキンソンを演じる。