Netflix「ザ・クラウン」サッチャー首相役にジリアン・アンダーソン

2019年9月9日

ジリアン・アンダーソン
ジリアン・アンダーソン
Photo by Karwai Tang/WireImage/Getty Images

 Netflixの人気ドラマ「ザ・クラウン」のシーズン4で、「X-ファイル」のスカリー捜査官役で知られるジリアン・アンダーソンがマーガレット・サッチャー役を演じることが明らかになった。

 イギリス女王エリザベス2世を主人公にした同ドラマには、実在の王族や政治家が多く登場。シーズン1~2ではクレア・フォイ(「ファースト・マン」)が主人公を演じていたが、シーズン3からはオリビア・コールマン(「女王陛下のお気に入り」)に交代している。シーズン3の世界配信を11月17日に控えるなか、すでにシーズン4の撮影が開始している。

 サッチャー氏は、1979~90年にイギリス首相を務め、保守的で強硬な姿勢から「鉄の女」と呼ばれたことで知られている。出演公式発表に際し、アンダーソンは「これほど複雑で論争を呼ぶ女性を演じる機会を与えられ、とても興奮しています」「ある時代を象徴し、賛否両論を巻き起こしたアイコンに、恋に落ちています」とコメントを発表した。

 なお、映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(フィリダ・ロイド監督)では、メリル・ストリープがサッチャー首相役を演じ、アカデミー賞主演女優賞を受賞した。アンダーソンは最近、Netflixオリジナルシリーズ「セックス・エデュケーション」に主人公の母親役で出演したほか、米テレビドラマ「ハンニバル」や、英BBCの「THE FALL 警視ステラ・ギブソン」などのテレビシリーズで主役を務めている。