黒人女性企業家を描くNetflix新作にオクタビア・スペンサー&ティファニー・ハディッシュ

2019年8月8日

オクタビア・スペンサー(左)とティファニー・ハディッシュ
オクタビア・スペンサー(左)とティファニー・ハディッシュ
Photo by Mike Coppola/Getty Images
Photo by Allen Berezovsky/FilmMagic/Getty Images

 黒人女性向けのヘアケア製品で大成功を収めた企業家マダム・C・J・ウォーカーことサラ・ブリードラブを描く、Netflixの新シリーズ「Madam CJ Walker(原題)」に、オクタビア・スペンサー、ティファニー・ハディッシュが出演することがわかった。

 米バラエティによれば、本作はウォーカーの玄孫であるアレリア・バンドルズが執筆した回顧録「On Her Own Ground(原題)」をもとにドラマ化する企画。スペンサーがウォーカー/サラ役で主演し、レブロン・ジェームズとともに制作総指揮を兼ねる。

 1867年に米南部ルイジアナで奴隷の子として生まれたアフリカ系アメリカ人のサラは、7歳で孤児となり14歳で結婚。長女レリア(ハディッシュ)を出産するが、20歳のときに夫が病死する。洗濯婦として生計を立てながら娘を育てていたが、やがて黒人女性の髪の悩みを解決するアイデアを思いつき、マダム・C・J ・ウォーカーを名乗ってヘアケア製品のビジネスを立ち上げ、一代で美容帝国を築き上げる。

 本作はほかに、サラの友人で美容師のアディ役でカルメン・イジョゴ、サラが再婚する夫カレス・ジェームズ・ウォーカー役でブレア・アンダーウッドが出演する。ニコール・ジェファーソン・アッシャーが脚本を執筆し、第1話をケイシー・レモンズが監督する。

 「Madam CJ Walker(原題)」はNetflixで2020年配信の予定。