「ウォーキング・デッド」スピンオフドラマ第2弾 主演はニコ・トルトレッラ

2019年8月8日

ニコ・トルトレッラ
ニコ・トルトレッラ
Photo by Nicholas Hunt/WireImage/Getty Images

 「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」に次ぐ「ウォーキング・デッド」の新スピンオフドラマの主演が、「ザ・フォロイング」のニコ・トルトレッラに決定した。

米Deadlineによれば、タイトル未定の新ドラマは、ゾンビによって終末を迎えた世界で育った第1世代に焦点を当てたものになる予定。トルトレッラは、自分の言葉に責任を持ち、他人のために戦うことをいとわない高潔な男フェリックスを演じるという。

 これまで、アネット・マヘンドル(「ジ・アメリカンズ」)、アリーヤ・ロイヤル(「The Red Line(原題)」)、アレクサ・マンスール(「シン・アルマゲドン」)、ニコラス・カントゥ(「LEGOスターウォーズ フリーメーカーの冒険」)、ハル・カンプストン(「Bilched(原題)」)の出演が発表されており、すでに米バージニア・リッチモンドでクランクインしている

 同ドラマは、「ウォーキング・デッド」シーズン4~8のショーランナーを務め、「ウォーキング・デッド」関連番組のチーフ・コンテント・オフィサーに就任したスコット・ギンプルと、「ウォーキング・デッド」のプロデューサーのマシュー・ネグレテの企画によるもの。ネグレテがこのスピンオフ番組のショーランナーを担当する。「キングコング 髑髏島の巨神」のジョーダン・ボート=ロバーツ監督が演出を手がけることが発表されている。

 なお、トルトレッラは現在、シーズン7への継続が発表されたコメディドラマ「Younger(原題)」にレギュラー出演中。今後は「ウォーキング・デッド」のスピンオフ番組とかけもちすることになるという。

 タイトル未定の「ウォーキング・デッド」新スピンオフは、2020年春に米AMCで放送開始予定。