「The 100 ハンドレッド」がシーズン7で終了

2019年8月6日

「The 100 ハンドレッド」シーズン6より
「The 100 ハンドレッド」シーズン6より
写真:Everett Collection/アフロ

 米ドラマ「The 100 ハンドレッド」がシーズン7で終了することが明らかになったと、米バラエティが報じている。

 「The 100 ハンドレッド」は、カス・モーガンの同名ヤングアダルト小説シリーズをもとにした実写ドラマで、2014年に放送を開始。核戦争により地球上のほとんどの生命が絶滅した近未来を舞台に、地球が居住可能か確認するために宇宙ステーションから送り込まれた100人の18歳未満の囚人たちの活躍を描く。米CWがシーズン6の放送を終えようとするなか、番組の企画・制作総指揮を務めるジェイソン・ローゼンバーグは、来年放送のシーズン7で番組が終了することを自身のTwitterで発表した。

 なお、ヤングアダルト向けの番組構成で知られる米CWは、19年から20年のシーズンで「ARROW アロー」(シーズン8)、「スーパーナチュラル」(シーズン15)といった長寿ドラマを終了させることを発表している。「バットガール(原題)」をはじめとする注目の新ドラマがいくつも控えるなか、世代交代を図っているようだ。