【コミコン2019】マーベルがDisney+向けドラマのラインナップを正式発表!

2019年7月22日

マーベルがフェーズ4について正式発表
マーベルがフェーズ4について正式発表
Photo by Kevin Winter/Getty Images

 マーベル・スタジオが、米サンディエゴで行われた世界最大級のポップカルチャーイベント「コミコン・インターナショナル」で、Disney+向けドラマのラインナップ発表を行った。

 Disney+は、ウォルト・ディズニーが11月12日(現地時間)にアメリカでローンチを予定しているストリーミングサービス。同サービス向けに、マーベル・スタジオは「アベンジャーズ」のキャラクターを題材にした複数のスピンオフドラマを準備しており、コミコンで初めてケビン・ファイギ社長からラインナップが正式発表された。

 ラインナップと配信開始時期は下記の通り。

■「ファルコン&ウィンター・ソルジャー(原題)」(2020年秋配信開始)<br />  サム・ウィルソン/ファルコンとバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャーを主人公にしたシリーズ。映画版と同様、アンソニー・マッキーとセバスチャン・スタンがそれぞれのキャラクターを演じ、シャロン・カーター/エージェント13役のエミリー・バンキャンプと、ヘルムート・ジモ大佐役のダニエル・ブリュールも出演する。

■「ワンダビジョン(原題)」(21年春配信開始)<br />  ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)とヴィジョン(ポール・ベタニー)を題材にした物語。「キャプテン・マーベル」に登場したキャロル・ダンバース/キャプテン・マーベルの親友マリア・ランボーの娘モニカ・ランボーが登場し、「ビール・ストリートの恋人たち」のテヨナ・パリスが演じる。

■「ロキ(原題)」(21年春配信開始)<br />  トム・ヒドルストン演じる人気キャラクター、ロキを主人公にしたシリーズ。「アベンジャーズ エンドゲーム」に登場したロキのその後が描かれる。

■「ホークアイ(原題)」(21年秋配信開始)<br />  ジェレミー・レナー演じる弓矢の達人ホークアイが主人公。コミコンに登場したレナーは、「超能力を持たないヒーローが、超能力を持たない他人にヒーローになる術を手ほどきする」ストーリーだと説明している。弟子のケイト・ビショップとの師弟関係が描かれるようだ。

■「What If…?」(21年夏配信開始)<br />  マーベル・シネマティック・ユニバースにおける重要な瞬間に焦点を当て、「もしも~だったら?」という架空の物語を紡いでいく実験的なアニメーションシリーズ。

 なお、「Marvel デアデビル」や「Marvel エージェント・オブ・シールド」などのマーベルドラマは、マーベル・エンタテインメント傘下のマーベル・テレビジョンが制作していた。しかし、Disney+向けコンテンツはすべてMCUを手がけるマーベル・スタジオが担当することになり、映画並みの予算が投入される模様だ。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com