アダム・サンドラー&ジェニファー・アニストンのコメディ映画、Netflixの視聴記録を樹立

2019年6月24日

「マーダー・ミステリー」が視聴記録を樹立
「マーダー・ミステリー」が視聴記録を樹立

 Netflixで6月14日に世界配信されたアダム・サンドラー、ジェニファー・アニストン共演のコメディ映画「マーダー・ミステリー」が、視聴記録を樹立したことが明らかになった。同社の公式Twitterによれば、配信開始から3日間で同作を視聴したユーザーは3086万人に及び、同社のオリジナル映画としては史上最高。アメリカとカナダのユーザーが1337万人で、その他が1749万人だという。

 Netflixは2015年、サンドラーに4本の主演映画の製作を発注。17年には、更に4本を追加発注している。ハリウッド映画では主演俳優としての集客力が疑問視されていたサンドラーだが、Netflixではいまだに高い人気を誇ることが証明された。
「マーダー・ミステリー」(カイル・ニューアチェック)は、ヨーロッパ旅行に出かけたニューヨークの刑事(サンドラー)と妻(アニストン)が、密室殺人事件に巻き込まれるというコメディタッチのミステリー。

 なお、広告に依存していないため視聴回数を公開しないNetflixだが、最近はヒットしたコンテンツに関してはデータを公表するようになっている。ベン・アフレック、オスカー・アイザック、チャーリー・ハナムらが共演したアクションサスペンス映画「トリプル・フロンティア」(J・C・チャンダー監督)は、最初の4週間で5200万人が視聴。スーパーヒーロードラマの「アンブレラ・アカデミー」は4500万人、ドキュメンタリー映画「FYRE:夢に終わった史上最高のパーティー」は2000万人以上が配信開始から4週間で視聴しているという。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com