Disney+向けマーベルドラマにダニエル・ブリュール&エミリー・バンキャンプが参加

2019年5月21日

「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」で共演したダニエル・ブリュールとエミリー・バンキャンプ
「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」で共演したダニエル・ブリュールとエミリー・バンキャンプ
Photo by David M. Benett/Dave Benett/WireImage/Getty Images

 ディズニーのストリーミングサービスDisney+(ディズニープラス)向けに制作されるマーベルドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー(原題)」に、ダニエル・ブリュールとエミリー・バンキャンプが参加することが明らかになった。米ハリウッド・レポーターが報じている。

 「ファルコン&ウィンター・ソルジャー(原題)」は、マーベル・シネマティック・ユニバースに登場するサム・ウィルソン/ファルコンとバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャーを主人公にしたドラマで、「アベンジャーズ」などの映画シリーズと同様アンソニー・マッキーとセバスチャン・スタンがそれぞれのキャラクターを演じる。

 今回、「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」で、スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカの恋人ペギー・カーターの姪の娘シャロン・カーター/エージェント13役を演じたエミリー・バンキャンプと、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」にアベンジャーズを分断する黒幕として登場したヘルムート・ジモ大佐役のダニエル・ブリュールの参加が決定した。

 「ファルコン&ウィンター・ソルジャー(原題)」の演出は、「ウォーキング・デッド」や「ハウス・オブ・カード 野望の階段」などで知られるカリ・スコグランドが担当する。

 マーベルはほかにも、Disney+向けにワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)とヴィジョン(ポール・ベタニー)を題材にした「ワンダビジョン(原題)」や、ロキ(トム・ヒドルストン)、ホークアイ(ジェレミー・レナー)などを主人公にしたドラマシリーズを準備している。

 Disney+は、11月12日に全米でサービスを開始。マーベルドラマの配信時期は不明だ。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com