「ハート・ロッカー」脚本家がスパイスリラー「インテリジェンス」でテレビドラマに進出

2019年4月2日

マーク・ボール
マーク・ボール
写真:Shutterstock/アフロ

 「ハート・ロッカー」(2008)でアカデミー脚本賞を受賞したマーク・ボールが、テレビドラマ界に進出することになった。米Deadlineが報じている。

 ボールは、キャスリン・ビグロー監督作「ハート・ロッカー」の脚本とプロデュースを手がけ、アカデミー賞2冠に輝いたほか、同監督の「ゼロ・ダーク・サーティ」(12)の脚本も担当。ジャーナリスト出身であり、自身が執筆した記事が、ポール・ハギス監督によって「告発のとき」(07)として映画化されている。

 このほど、米有料チャンネルのShowtimeが、ボールが企画・制作総指揮を手がける「インテリジェンス(原題)」の権利を獲得した。ドラマは、実在の出来事をもとに諜報活動が政治や経済、マスコミに影響を及ぼすさまを描くスパイスリラーで、ファーストシーズンは2016年のロシアによる大規模な干渉が疑われている米大統領選が題材となるという。

 Showtime社長のゲイリー・レビン氏は、本作を獲得した理由について「『ハート・ロッカー』と『ゼロ・ダーク・サーティ』で示したように、マークは現代の出来事をスリリングなドラマに昇華することを得意にしています。そんなマークが、その卓越した才能を初めてのテレビドラマに生かしてみたいと言ったとき、我々はそのチャンスに飛びつきました」と説明している。

 マーク・ボールはパイロット版の脚本と監督を担当。「ハート・ロッカー」や「ゼロ・ダーク・サーティ」「デトロイト」でプロデューサーを務めたミーガン・エリソンが制作総指揮を務める。

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」厳しいオーディションの裏側をデルフィー役・宝意紗友莉が語る

    1

    舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」厳しいオーディションの裏側をデルフィー役・宝意紗友莉が語る

    2022年5月20日 09:00
  2. 「トイ・ストーリー3」「トイ・ストーリー4」金曜ロードショーで2週連続・本編ノーカット放送

    2

    「トイ・ストーリー3」「トイ・ストーリー4」金曜ロードショーで2週連続・本編ノーカット放送

    2022年5月20日 12:00
  3. 田中圭×城定秀夫監督「女子高生に殺されたい」5月27日からAmazonプライムビデオで独占配信

    3

    田中圭×城定秀夫監督「女子高生に殺されたい」5月27日からAmazonプライムビデオで独占配信

    2022年5月20日 10:00
  4. フォード・サンダーバードを運転する西島秀俊が渋い! 斎藤工、宮沢氷魚らとともに強盗稼業「グッバイ・クルエル・ワールド」特報

    4

    フォード・サンダーバードを運転する西島秀俊が渋い! 斎藤工、宮沢氷魚らとともに強盗稼業「グッバイ・クルエル・ワールド」特報

    2022年5月20日 07:00
  5. 「TOKYO VICE」が生まれるまで――キャスティング秘話、日本文化・社会への徹底したアプローチ

    5

    「TOKYO VICE」が生まれるまで――キャスティング秘話、日本文化・社会への徹底したアプローチ

    2022年5月20日 13:00

今週