マイケル・シーン、FOXの新ドラマで連続殺人鬼に

2019年3月7日

マイケル・シーン
マイケル・シーン
Photo by Frederick M. Brown/Getty Images

 米FOXのダークコメディドラマ「Prodigal Son(原題)」のパイロット版に、マイケル・シーン(「マスターズ・オブ・セックス」)が出演することがわかった。

 ドラマの主人公は、父親が殺人鬼だったゆえに殺人者の心理を熟知する、犯罪心理学者のマルコム・ブライト。マルコムの父マーティン・ホワイティは家族思いで心臓外科医として名声を得ていたが、実は危険なソシオパスで、“外科医”と呼ばれる凶悪殺人鬼として20人以上を殺害し、刑務所に収監されていた。マルコムは、殺しへの衝動を抱えつつ息子と理解し合おうと努める父、自分本位な母、平凡すぎる妹に振り回されながら、ニューヨーク市警の捜査に協力するというストーリーのようだ。

 米ハリウッド・レポーターによれば、シーンはマーティン役を演じる。マルコム役のキャストはまだ発表されていない。パイロット版はクリス・フェダック、サム・スクラバーが脚本を執筆、リー・トランド・クリーガーが監督を務める。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com