米俳優組合賞テレビ部門「マーベラス・ミセス・メイゼル」「オザークへようこそ」が最多4ノミネート

2018年12月13日

「マーベラス・ミセス・メイゼル」シーズン1より
「マーベラス・ミセス・メイゼル」シーズン1より
写真:Everett Collection/アフロ

 第25回全米俳優組合(SAG)賞のノミネーションが、12月12日(現地時間)に発表された。テレビ部門は、Amazonオリジナルドラマ「マーベラス・ミセス・メイゼル」とNetflixオリジナルドラマ「オザークへようこそ」がそれぞれ最多4ノミネートを獲得した。

 「マーベラス・ミセス・メイゼル」は1958年の米ニューヨークを舞台に、アッパーウエストサイドで幸せに暮らしていたひとりの主婦が、ある出来事をきっかけにコメディエンヌの道を突き進んでいく姿を描いた作品。今年のエミー賞でも最多5冠を達成している。

 「オザークへようこそ」は、メキシコの麻薬組織からマネーロンダリングを引き受けていたシカゴのファイナンシャルプランナーがボスの怒りを買い、ミズーリ・オザークに家族と転居して裏家業を続けるストーリー。ジェイソン・ベイトマンが制作総指揮、監督、主演を務めている。

 なお、「女王陛下のお気に入り」で映画部門助演女優賞にノミネートされたエマ・ストーンが、キャリー・ジョージ・フクナガ監督のNetflixオリジナル・ミニシリーズ「マニアック」でテレビ部門主演女優賞にもノミネートされた。

 SAG賞授賞式は2019年1月27日に開催され、女優ミーガン・ムラリー(「ふたりは友達? ウィル&グレイス」)が司会を務める。第25回SAG賞テレビ部門のノミネートは以下の通り。

▽主演男優賞・ドラマシリーズ
ジェイソン・ベイトマンオザークへようこそ
スターリング・K・ブラウンTHIS IS US 36歳、これから
ジョセフ・ファインズハンドメイズ・テイル 侍女の物語
ジョン・クラシンスキートム・クランシー CIA分析官 ジャック・ライアン
ボブ・オデンカークベター・コール・ソウル

▽主演女優賞・ドラマシリーズ
ジュリア・ガーナーオザークへようこそ
ローラ・リニーオザークへようこそ
エリザベス・モスハンドメイズ・テイル 侍女の物語
サンドラ・オー「Killing Eve」
ロビン・ライトハウス・オブ・カード 野望の階段

▽主演男優賞・コメディシリーズ
アラン・アーキンコミンスキー・メソッド
マイケル・ダグラスコミンスキー・メソッド
ビル・ヘイダー「Barry」
トニー・シャルーブマーベラス・ミセス・メイゼル
ヘンリー・ウィンクラー「Barry」

▽主演女優賞・コメディシリーズ
アレックス・ボースタインマーベラス・ミセス・メイゼル
アリソン・ブリーGLOW ゴージャス・レディ・オブ・レスリング
レイチェル・ブロズナハンマーベラス・ミセス・メイゼル
ジェーン・フォンダふたりは友達? ウィル&グレイス
リリー・トムリンふたりは友達? ウィル&グレイス

▽主演男優賞・TV映画/ミニシリーズ
アントニオ・バンデラス「ジーニアス ピカソ」
ダレン・クリス「アメリカン・クライム・ストーリー ヴェルサーチ暗殺」
ヒュー・グラント「A Very English Scandal」
アンソニー・ホプキンス「King Lear」
ビル・プルマンThe Sinner 記憶を埋める女

▽主演女優賞・TV映画/ミニシリーズ
エイミー・アダムス「Sharp Objects」
パトリシア・アークエット「Escape at Dannemora」
パトリシア・クラークソン「Sharp Objects」
ペネロペ・クルス「アメリカン・クライム・ストーリー ヴェルサーチ暗殺」
エマ・ストーンマニアック

▽アンサンブル演技賞・ドラマシリーズ
ジ・アメリカンズ
ベター・コール・ソウル
ハンドメイズ・テイル 侍女の物語
オザークへようこそ
THIS IS US 36歳、これから

▽アンサンブル演技賞・コメディシリーズ
アトランタ
「Barry」
GLOW ゴージャス・レディ・オブ・レスリング
コミンスキー・メソッド
マーベラス・ミセス・メイゼル

▽スタントアンサンブル賞・ドラマ/コメディシリーズ
GLOW ゴージャス・レディ・オブ・レスリング
Marvel デアデビル
トム・クランシー CIA分析官 ジャック・ライアン
ウォーキング・デッド
ウエストワールド

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com